ホーム>日々思う処我に有り>2005年3月

2005年3月

OYAZI BATTLE そしてグラウンド戦へ、、、、

先週の土曜日のOYAZIBATLLE熱かったですね、、、、 肋骨を痛めた状態で試合に臨んだ渡部選手、試合の結果は判定で負けになってしまいましたが、打撃立ち組では圧倒的に押してましたし下からの三角締め狙われたときにキャッチポイントを取られてしまいましたが、グランドでも上をキープ怪我さえなければ勝っていた試合でした。しかしその試合内容にベストマッチ賞、敢闘賞と二つも賞をとりました。あの戦い方は今後いろんな試合に出る人たちの良いお手本になったと思います。おつかれさまでした!!!で、その次の日の稽古からいよいよグラウンド戦に向けて寝技中心の稽古に切り替えたのですが、みんなどんな感想を持ったのでしょう?? 基本的に禅道会のグランドの稽古体系は基本とスパーリング中心の構成で、技術研究の時間はあまりさいていません。これには賛否両論あるでしょう、実際僕も最初のころもっと技教えてもらいたいなと思ったものです。しかし中途半端に体や呼吸の使い方を覚えずにいろいろな技を覚えても殆ど生きた技にならずに右から左へ流れていってしまうんですね、、、、 それよりも今日は必ずパスガードを決める!!とか横四方からのアームロックを決めるとか 何かしらのテーマを自分で一つだけ決めてスパーリングに臨む。 でスパーリングの後の時間を15分くらいとるので、そこで何で決まんなかったのだろうとか、 偶然決まった技を反復して磨くとかそういうやり方の方がどうやら近道のようです。 打撃は正しいフォームをひたすら反復で体に刷り込む 寝技は予習、実地、復習、、、で慌てないで一つずつ技を身にしていく、、、、 それに今本屋に行けばいろいろな格闘技の参考書が出ています、 是非一冊買って予習復習してみてください(とくにバーリトゥ-ド空手) その上でわからない事を質問してくれれば、みんなで研究もしやすいですし、、、、 あと4月の後半に技術研修会もありますから、そこも技術を吸収するチャンスとなるでしょう!! 来週からは、新人の人も含めてバンバンスパーリングをやっていくつもりです、 頑張ってグランド戦に臨みましょう!!! 総合格闘技空手道禅道会六本木同好会 会長 西川享助

エクスチェンジトーナメント

 先日の昇級審査及びエクスチェンジトーナメント、おつかれさまでした。 みんなそれぞれ思うところがあったみたいで、それだけでも大収穫だと思います。 試合内容もみんな気迫がこもっていて、想像以上によく動けていたと思います。 勝ち負けは、水物なので今回悔しい思いをした人もいるとは思いますが(私、、、) それをバネにさらに稽古を積んでまたがんばりましょう!! 僕も、懇親会で小沢師範、大畑師範に自分の悪い部分をかなり細かく指導いただいて 気持ちはすでに5月のグランド戦、7月のリアルファイティングに目を向けています。 怪我した人はその後大丈夫ですか?? まずは無理をせずきっちり直して、次の大会を目指しましょう。 そして今回の試合で悪かったところをしっかり意識しながら基本稽古、 移動稽古をしてみてください。 あごをひく、体バランス、しっかり踏み込んでワンツー、、、、 この辺は本当にみんなよく出来ていたと思います。さらに磨きをかけましょう!! 後は、ローキックのカット、首相撲立ち組の展開、 右のローキックをもう少し有効的に使えるようになればまただいぶ楽に戦えるようになるはずです、まあその辺りの細かい点は道場で!!! そして今回出場した選手だけでなく、応援に来てた人、大会の手伝いをしてくれた人、 ばっちりVTR撮ってくれた人、事情で会場に足を運べなかった人、、、 本当にお疲れ様でした!!! 前回の時も書いてたかも知れませんが、 勝っておごらず負けて腐らず、、、、 さあ練習再開しましょう!!! 総合格闘技空手道禅道会六本木同好会 会長 西川享助

試合への心構え

いよいよ今週はエクスチェンジトーナメント!! 今回うちから試合に出るのは、総勢7名いやードキドキしますね。 なぜか自分の試合のことは忘れて、みんなの試合のこと考えて緊張してます(笑) よく試合のプレッシャーとかないのですか?とか緊張しないのですか?とか 聞かれますがこればっかりはどうやって教えたらいいのかわかりません。 まあしいて言うなら練習いっぱいして打ち消すとか、体重きつめに設定してそっちの方に気を持っていくとか、試合たくさん出るとか、酒飲んで紛らわすとか(嘘です) でもみんな仕事もあるだろうし、限られた時間の中でやるしかないだろうから完全な準備するの難しいですよね、、、、 いっそ逆転の発想で、こうなったら緊張感を楽しみましょう!! この緊張感を乗り越えて試合が終わったあとの、充実感、虚脱感、なかなか普段の 生活では味わえるものではありません。 勝とうが負けようが必ず人間力UPするでしょう!!! だからうちの団体では、昇級昇段に試合出場を優先させるんですねきっと。 昔バンドをやっていたときに、先輩が「10回スタジオで練習するより、 1回LIVEやったほうが成長する」って僕に言ってました。 格闘技も一緒です、「一試合は10回分の稽古に相当する!!」 強くなるために試合をする!試合をすれば強くなる!! そう思えば試合楽しみになってきませんか??? もちろん絶対に勝つ!!という意識をぶつけあっての話ですが、、、、、、 総合格闘技空手道禅道会六本木同好会 会長 西川享助