ホーム>日々思う処我に有り>2005年10月

2005年10月

エクスチェンジトーナメントDVD入荷

先日エクスチェンジトーナメントのDVDが届きまして、やっとまともにみんなの試合を見る事ができました。 怪我人続出の波乱づくしの大会だっただけに興味深く見ました。 で、全体の感想としてはみんな想像以上に良い動きをしていましたね。怪我やアクシデント(突然の海外出張とか笑)が無ければ内容はかなり変わって来たかも知れません。また身内同士の試合も今回かなり多かったですしね。 一人一人見てみると、まずは初っ端佐藤さん!! いやあ、左周りから踏み込んでワンツーかなり決まってましたね。 アグレッシブさも○!!ただフットワークを使ったスタイルだと言うこともあるのですが、重心が浮き過ぎていてパンチが軽くなっていたみたいです。宙に浮いたような状態での攻撃になってしまっているというか、、、 先日の技術講習会で小沢首席師範がおっしゃっていた踏み込みながら打つのではなく踏み込み終わってから打つパンチに答えがありそうです。怪我の要因もそこにあるかも、、、、 僕も少しパンチのフォームを改造するつもりなので怪我が治ったら一緒に頑張りましょう! 後は右のローキックや左ミドルが打てるようになるとさらに効果的かも知れません。 それも拳を痛めたことも怪我の功名だと思って前向きに蹴りの稽古に励んでみてください。 体が動かせるようになったら禅道会奥義(笑)、5段蹴りを教えますので、、、、、 続いて、寺沢さん!! 以前されていた流派の特徴を禅道会流にアレンジした戦い方は見事でした。 自分の距離もしっかりつかんでいて、つかみ崩しから相手の死角に回っての右フック や膝蹴り!!体のバランスも良かったですし、道場に来れない分自分で稽古していたのかなと。 ただ右の拳けがした時点で僕が試合止めておいた方がよかったですね。 僕の判断ミスです、、、、 2試合目で左も怪我したのは、多分無意識で右をかばうがゆえに受身を取りそこなったのではないかと、、、、、 一方対戦した諏訪さん、以前のエクスチェンジトーナメントの試合に比べれば数段良かったです。確実に進化が見られてますよ!! 右のストレートは物凄く良いので、後はそこにどうやってつなぐか!! 左のジャブで自分の距離に相手を置いて置くとか左右の蹴りで相手を自分のINの中に閉じ込めるとか、、、、、後はショートの距離になったときにしっかり首相撲で捕まえてしまうとか、、、、 せっかく得意の武器があるのでそこにどうやってもっていくのか?? マススパーなどで研究してみましょう!!! それから金谷さんは、久しぶりの試合ですこし気負いすぎたのか力みが出てしまった感じがします。 それだけに1試合目終わって体がほぐれた後の試合が見たかったなあ、、、 技術もポテンシャルも元々充分あるだけに、仕事で棄権せざるおえなかったのは残念でしたね。 まあ激務の中試合に臨む姿勢、さらに勝利をもぎ取り結果を出したことはさすが元極真戦士!!20代の選手は見習わなきゃだめですよ!!! ぜひ次の大会で今回の憂さ晴らしをしてください。 なんとなく感じは掴めたとおもうので後は得意の蹴り技や左右のフックを普通に出せれば普通に勝ち上がっていけるでしょう!! そして今回見事に準優勝した織田さん!! 今回どんな形でもいいので勝ちに徹してくださいと言ったのが伝わったのか、 逆にそれで自分のスタイルが少し見えて来たのでは??? 本人は全然ダメだったと言ってましたがとんでもない。堂々とした戦いぶりでしたよ。 次回からはいよいよアクセスルール、楽しみですねー!!! これからが織田さんの本領発揮、グラウンドのポジショニングやテイクダウンのセンスは元々あるのですからしっかり稽古して試合に臨めば結果はおのずとついてくるはずです!!! 一方女子チームはいきなりの決勝戦、同門対決!! 体重差があれだけあるのですから判定の結果は仕方がないにしても 梓も美花もそれぞれの持ち味を充分に発揮した良い試合でしたね。 本当は二人とももっと見合った相手と試合を組んであげたいのですが、、、 こればっかりは女子の競技人口を二人で頑張ることによって増やすつもりでやっていただきたい!! とくに二人はこれからプロのリングでも戦うチャンスがたくさんあるでしょうから しっかり自分の欠点を埋める稽古をして、今回の対戦を今後に生かしましょう!!! だいぶ長くなってしまったのですが、今回の大会も六本木道場小金井道場にとってとても有意義な大会だったと思います。 二人も怪我人が出てしまったのが悔やまれるところですが、これも今後の課題として いかに社会体育として、仕事との両立、生涯修行の道に道場をもっていけるのか、真剣に取り組まなければいけない時期が来たことのメッセージとして真摯に受け止めたいと思っています。 みんな自分のテーマをしっかり持ってまた一緒に稽古して行きましょう!!! NPO法人日本武道総合格闘技連盟  空手道禅道会 小金井道場 六本木道場 道場長 西川享助

戦いを終えて、、、、

さてさてだいぶじらしてすみません。 リアルファイティングトーナメント空手道選手権の結果報告です 本当はもっと早く書きたかったのですが、月締め、月初と重なっていたゆえに 仕事に忙殺されてまして、、、、、(涙) で、結果ですが 西川享助 82,5kg以下級 一回戦 VS中島久(チーム福)○膝蹴り連打による合わせ一本勝ち 準決勝 VS熊谷真尚(浜松支部 東海代表)×腕ひしぎ十字固めによる一本負け 渡部 恭三 マスターズ72.5kg以下級 一回戦 VS那須育夫(広島支部)×腕ひしぎ逆十時固めによう一本負け (特別賞 獲得) 林 美加 女子の部60kg超級 一回戦 VS清水里香 (長野県本部)○腕ひしぎ逆十時固めによる一本勝ち 決勝戦 VS武田美智子 (広島支部)×腕ひしぎ逆十時固めによる一本負け (準優勝) BOUTREVEWよりさらに詳細 まあ以上のような結果です。 今回全員はじめての全日本選手権挑戦だったのですが、やはり普段の大会とは違うその壁の厚さを肌で感じられたことが何よりの収穫だったのではないかと思います。 それぞれ自分の欠点をはっきりと感じられたことによって来年への、テーマも具体的になったのでは、、、、 今後はさらに上を目指すべく、みんなで精進していきましょう!! また映像が手にはいりしだい、みんなで観戦会でも開きたいと思っていますので お楽しみに!!! 今年出られなかった選手も、来年出場を目指して研究材料にしてください!! さて、ホッとしたのもつかの間、 今月の30日にはグラウンド戦、11月7日にはバーリトゥードアクセス大会 11月23日には茶帯トーナメント、12月にはエクスチェンジトーナメントとまだまだ大会は続きます。 是非積極的に参加して日頃の稽古の成果を発揮しましょう!! そして真の意味での強者を目指す!! 共に頑張りましょう!!! それから今回も渡部選手が右拳を骨折してしまいました。 これで前回のエクスチェンジトーナメントから3人目の怪我人です。 試合中の怪我を避けるのはかなり難しいことではあるのですが、ひとつ 理由にコンディション調整の問題があると思います。 社会人のみなさんには難しいところなのですが、やはり体に疲労を残したまま試合に出場すると、どうしても骨密度が低い状態であったり、筋肉が硬直している状態であったりして大怪我につながる確立が高くなります。 それゆえに試合出場を希望するかたは是非とも早めに無理のない体重設定で決定をくだしてコンスタントに稽古をこなし、 試合の1週間前からは疲労回復に努めてもらうような調整の仕方を心がけてください、これが一番の怪我防止につながると思います。 どうしても時間がとれずに試合ギリギリまで練習したくなる気持ちはわかるのですが、怪我をしてしまうとせっかく良い経験をしても次の稽古に繋げる作業が遅れてしまいますし、モチベーションの低下にも繋がってしまいます。 最終的な目標は、試合に勝つことだけではなくもっと遠くて高いところにあるはずです。その辺の時間整理も人生の修行だと思えば、、、、、 お互い気をつけましょう!!! NPO法人武道総合格闘技連盟 空手道禅道会 小金井、六本木道場 道場長 西川享助