ホーム>日々思う処我に有り>2006年11月

2006年11月

フィリピンに行って思ったこと、、、、

60c81c8e.JPG先週1週間、フィリピンに行ってました。 今年に入って4回目、しかし今回の旅は僕にとってかなり重要なものとなりました。 今僕が手がけている、空手道場運営、地域の青少年健全育成活動、プロ格闘技選手のマネージメント及びイベント企画、運営法人ディヤーナの社会不適応児支援事業、、、、、 全て武道総合格闘技から派生したものなのですが、今年に入って仕事をやめ各々で活動してきたところイマイチ一本の軸としてまとまらずどうしたらよいものかと考えて いました。しかしなかなか頭の中での整理がついていませんで、バラバラの動きをしていた気がします。 そんな中、先日の山本先輩の死、そして今回引きこもりの青年と一緒に行ったフィリピン旅行の中少しずつ答えが見えてきたようです。 以前小沢先生に 「どんなに仕事が忙しくても毎日稽古しなければいけない、じゃないと感性が鈍くなってしまう」 と言われたこともありまして、せっかく施設に道場があるのだからと向こうでの滞在期間中、毎日稽古していました。 道場という非日常的な空間で突きや蹴り、スパーリング等をしていると頭の中がとてもクリーンになっていき雑然としていたものがすこしずつまとまっていきます。 やはりいつでも稽古ができる空間があるというのはとてもよいことです。 仕事場にしても自宅でやるより、やはり事務所を構えて道場のように非日常的空間をつくって、気持ちのオンオフを切り替えてやるのはとても重要なんじゃないかなと、、、、 そう全ての活動の軸となる本拠地が必要なんじゃないかなということです。 そんな中一通のFAXが日本から届きました。 どうやらまた良い縁が舞いこんできたようです。 ごく近い将来良いお知らせができるよう、精一杯頑張るつもりなのでみなさま是非お力添えをよろしくお願いいたします。 押忍!!

訃報

fe3fc443.jpg11月2日、空手道禅道会岐阜支部の山本孝夫(統治朗)支部長が交通事故でお亡くなりになりまして昨日よりお通夜、葬儀に列席するために長野県に行っていました。 まだ29歳、人の人生って何なのでしょうね、、、、、 故人は、僕が禅道会に入会したときはすでに全日本選手権82.5kg超級を2連覇、プロのリングでも活躍していて大先輩で雲の上の存在のような人でした。 それが、今年の3月に一緒にフィリピン視察旅行に行ったときにお互いの大食漢、大酒飲みっぷりで親しくなりいろいろとお話をさせていただきました。 そんな中で 「西川さん、PRIDEどうやったら出られます??やっぱり武道をやってるからには強いやつと試合がしたいんですよ」 「とりあえずDEEPでチャンピオンになってください。試合組めるように頑張りますから!!」 と、プールサイドでビールを飲みながら熱く語っていたのが脳裏に浮かびます。 また自分のことだけでなく、後輩や若い選手の面倒見もよく自ら立候補して 強化選手の担当になり、先週の日曜日の大会のときに選手のリストアップや強化選手のワッペンなど協力してやりましょうと語っていたばかり、、、、 さらに亡くなる前日には携帯に着信があり、あとから電話したのですが繋がらなかったんです。 この日は、飯田の寮から遠い岐阜県まで車で指導に赴き、道場生と今後のためのミーティングを行い帰り道の途中だったそうです。 もしあのとき電話に気がついて5分でも話をしていれば、事故に遭わずにすんだのかもしれません。 伝えたかったこともたくさんあったのでしょう、、、、、 人の死には必ずメッセージがあると思います。 この3日間、この空虚感から何をどう感じればいいのかずっと考えていました。 ただ悲しんでいてもそれは仲の良い友人を失った自分に対する哀れみ、 この苦しみを現実として逃げずにどう受け止めどう乗り切るか、、、、 とにかく武道家として生きた故人の意志を尊重し、引き継いでいくことが一番の供養になるはずです。 押忍

バーリトゥードアクセス全日本リアルファイティング選手権

9cd1586c.jpg日曜日、長野県長野市ビッグハットでバーリトゥードアクセスリアルファイティング選手権大会が行われました。 この大会は色帯の全日本大会といえばわかりやすいのでしょうか、下は幼年部から一般部、マスターズまで幅広い年齢層の人が500人近く集まってスーパーセーフ着用のルールで競いあう大会です。 去年は無級の部で小金井道場の庄子が優勝したので、今年も一つくらいタイトルを持って帰ろうと、野本と正木が出場しました。 本当は少年部の方にも選手を送りこみたかったのですが、まあ今回はまだ一年目ということでお預けになりました、、、、 以前リアルファイティング本戦も行われたこの広い会場を、8面のコートに分けての大会運営はそりゃあもう大変なもので、僕は一般部で審判を一日中やっていました。 今回奥苑とアズサが手伝いで来てくれて活躍してくれましたが、やはり普段自分が試合をするときは、色々な人に大会運営を手伝ってもらうのですから、出ないときはみんな進んで手伝いに来てもらいたいなあ、、、、 そういう部分も含めての武道精神を養うのもとても大切なことですよね。 さて肝心の選手の試合結果の方ですが、野本、正木ともに残念ながら 1回戦負け、、、、 しかし二人ともまた課題が見つかったみたいですし、そこを克服してまた一つ一つ強くなってください!!! 特にノリはあと一つで昇段!!! ここで自分を見つめ直せるか否かできまります、年末の茶帯トーナメント是非がんばってください。 しかしこんなに盛大な大会に申込みをすれば出られるのですから、みんなでバス借り切って、来年は是非出場しましょう!! あと係りも、、、、、(笑) PS 帰り道、諏訪ICで温泉につかっていたら携帯電話に嬉しいニュースが!! 久保先輩がパワーゲートという関西の大会でメインイベントでTKO勝利!!! http://www.fightingworld.net これから年末にかけて、禅道会のイベントもプロ格闘技のイベントも慌ただしくなってきます。 正月までは突っ走りますよ!!!