ホーム>日々思う処我に有り>2008年2月

2008年2月

テレビ告知2連発、まずはめざましテレビから、、、、、

ad298f65.JPG私は明日から韓国に行ってしまいます。 その前にテレビ番組の告知を2つほどさせていただこうかなと、、、、 まずは今週の土曜日朝6時40分ごろから、フジテレビのめざましテレビで主婦で格闘技をやっている人として小金井道場のK村さんが取材されています。 これは先日、日本初の女子ボクシングプロテストが開催されたというニュースから なぜ女性が格闘技に取り組むのかという視点から昨日の夜取材の要請がありまして今日道場での撮影が急遽決まりました。 K村さんはご主人と二人の娘さん含めて家族4人で空手が生活の一部になっている姿ぜひご覧になってください。 あと"やはりなぜ女性が格闘技に取り組むのか?" という部分に関しては、以前からいろいろ考えているテーマでして 最近またいろいろと気がつくことがあったところでした。 これについては、またあらためて長々と書いてみたいなと思います。 今実はこれを書いている途中に野本が事務所に来て、DVDの"跳関十段パート2"を持って遊びにきやがって(笑) すっかり夢中になって技をかけあいながら最後まで見てしまいました、、、、、、 参ったなあ、明日昼の便で成田発なのに起きれるかな??? というわけで、帰って寝なければいけないので、2発目のテレビ告知は帰国してからにいたします。 もちろん韓国での試合の模様もアップします。 押忍

少年部の指導

e50f0b31.JPG昨日から石岡沙織に少年部の指導の指導をしています(笑) ただプロのリングにあがって武道の格闘性だけを追及するだけじゃ、禅道会である意味はないですしこれも本人の今後のために良いかなと思って薦めてたら案外やる気になっていましたので、、、、、 本人はかなりいっぱいいっぱいだったみたいですが、結構さまになっていました。 幼いときから柔道やっていたから道場の雰囲気とかも知っているのでしょう。 うちは少年部の指導というのはあくまで禅道会の道場生がスポーツ少年団の資格をとってボランティアでやるというのが基本姿勢です。 ですから本当は帯色と関係なくやりたい人には積極的に手伝ってもらうのが本分なのですが、最近の若い道場生はあまりやりたがりません。 まあ仕事も学校もあるでしょうから、なかなか時間をとれるものではないのですが、 結構最初から拒絶反応を示してる人がかなり多いんですよね、、、、 私なんかは変わりものの方なのか、昔からやりたかったですし、別に空手じゃなくても少年野球の監督とかできるなら学校の先生とかもやってみたいですもんね(笑) だから最初みんななんでやりたがらないのか、逆に不思議に思っていたくらいです。 ただ最近になってすごく感じるのは、オトナコドモというかピーターパン症候群というか、大人になりきっていない、なりたがらない人が多すぎる。 自分が子供のつもりでいるから、子供たちがはしゃいでいるのを見ると、イライラする、、、、、心理学用語の投影ってやつなのでしょうか。 まあ子供の純真な気持ちを持ったまま大人になるというのは決して悪いとは言わないですけど、やはり年相応の役割というものは果たさなければいけないのではないでしょうか。 もしかしたら私なんかは自分が子供のいないことに無意識で罪悪感持っているからかもしれません。 種族保存をしないのならせめて文化継承だけでもみたいな、、、、 あまり邦楽は聴かない私ですが、ユニコーンの昔の曲で息子って歌だっけかな 「ほーら君の手はこの地球の宝物だ、、、、、、」 あの歌詞は心に響きますもんね。 また空手的にも、子供の指導をしていると技術も心も間違いなく伸びていくと思います。 私自身子供の指導をしているときに、ハッと気づきがあることたくさんあります。 よく偉い経営者の人の本とか読むと「自分にとって一番の先生は子供だ」って言う人多いじゃないですか、あれ本当だと思います。 もちろんそういう人はアンテナの感度が鋭いから、どういうことからも学びを得られる人なのでしょうが、それ以上に子供の純真な心や癖のない身体の動きを見ているだけでたくさんのことを学べると思うのです。 実際3歳児や4歳児に寝技やらせると驚くような動きしたりしますもんね、、、、、 だから自分の弟子にはできればみんな子供の指導やってもらうことによって気づきをえてもらいたいというのが本音なんですけど、その辺なかなか理解してもらえないのが現状だったりします。 さてさて石岡先生今後いろいろと気づきを感じてくれるのでしょうか??? 少しは期待したいと思っています。 本人が私のブログを一切見ていないの知っているから書けるんですけど(笑) もちろん彼女だけでなく今後育っていくであろう道場生のみんなもどこかそういう気持ちを持って武道に取り組んでくれればなと思います。 押忍

韓国に行ってきます

10e762ab.jpg報告が遅くなりましたが、前回のZST出場の矢島雄一郎選手は判定無しのドローでした。 http://news.livedoor.com/article/detail/3525105/ 怪我等のアクシデントの中慣れないルールでよく戦ったと思います。 去年からかなりの快進撃を続けていますし、この勢いで上まで登ってもらいたいです。 さて突然ですが、今週の金曜日から月曜日まで韓国に行ってきます。 SPIRIT MCという韓国の総合格闘技のイベントに禅道会の青木隆明選手が出場するためセコンドで同行することになりました。 http://www.boutreview.com/data/news05/080302spiritmc.html http://gbring.com/sokuho/news/2008_02/0226_spiritmc.htm この大会日本のPRIDEレベルの大会でかなりの大会場で行われているのですが、今韓国は何年か前の日本と同じように空前の格闘技ブーム。 K-1はすでに昔から人気があるのですが、総合格闘技の人気も凄まじく 選手のレベルもそうとう高くなっています。 韓国って国は昔から一ジャンルのスポーツに力を入れるとなるととことんやるお国柄。 前回石岡と試合をしたハムソヒ選手なんて大学の総合格闘技学科というところに通っていたりするんだそうです。 そんなのあればレベルは一気にあがるのも当たり前ですよね、、、、 まあとにかくこの業界に関わっている以上、韓国とアメリカの総合格闘技ブームは一度見ておきたいと思っていましたので良い機会に恵まれました。 もちろん行くからには観光気分ではなく、アウエイの格闘技日韓戦、なんと行っても出場するのはうちのエース、私も一緒に死ぬ気で戦ってくるくらいのつもりで行ってきます。 きっちり勝ってリング上で日の丸掲げてきますよ!! 押忍

パニック障害という病気と戦う若者、、、、、

昨日は稽古のあと所用をすませ、22時からBSフジにてスマックガール2.14大会のOAを見ました。 前回の放送と違い今回は試合の放送が中心となっていまして、我々昔から格闘技を見ている人間にはとても楽しめました。 ディスカバリーファイトのMEGUやさくらの試合もダイジェストで見れましたし、程よい?具合で石岡も負けたのにフューチャーしていただたりしてまして、、、、、 石岡の試合内容ですが、これがまた絶妙な編集技術でかなり緊迫した試合になってましたね(笑)実際はもっとやられていた気がします。 まあ突っ込みどころ満載でこれからの稽古で修正していくところがたくさん露呈できたなと。ただやはり最後まであきらめずに立ち向かっていった姿勢はあらためて良かったなと思います。 ************************************* さてここから先は少し長くなります、興味の無いかたは飛ばしていただいてもかまいません。心の病気に対しての武道の在り方を考える上で私にとっても大変貴重な体験となったので、本人の了承を得て書かせていただきます。 じつは先日のスマックガール、DEEP34ともにある青年が観戦に来ていまして先週の木曜日から3日間小金井道場に寝泊りして過ごしていました。 今春無事に大学を卒業する彼は、禅道会の1支部で4年間稽古を続けていて全日本王者に2回輝き、プロのリングでも活躍していた選手です。 それが去年の夏前くらいから稽古中や試合中に、原因不明のめまいや吐き気を催すようになり秋くらいに診療内科にて、パニック障害という心の病気にかかっていることが判明しました。 小学生、中学生のときに受けたイジメが原因だそうです。 彼は弱い自分を変えるべく、高校生のときから空手を始めさらなる強さを求め禅道会に入会、見事全日本王者になるまで強くなったのですが、どんなに競技性の強さを求めても無意識に残ったトラウマというのはなかなか消えるものではないのですね。 対人稽古(スパーリングやミット打ちなど他の人と一緒にやる稽古)をすると発作が起きて、強烈なめまいや吐き気を催してしまうそうです。 病気が判明するまでは、真剣に自分の命を絶つことを考えるくらい追い込まれていたそうです。 現在彼は、大自然に囲まれている長野県の高森道場にある中年寮と呼ばれる施設で、空手の稽古を続け薬を服用しながら療養しています。 だいぶ回復してきたのですが、やはりまだ対人稽古をすると発作を起こしてしまうらしく、道場で一人自主トレをする日々をすごしているようんです。 東京での滞在期間も毎日必ず時間を作って、基本稽古やシャドー、ランニングや補強運動などを精力的にこなしていました。 今回3日間、彼と供に過ごしていろいろな話をすることができました、武道や格闘技の話、病気の話、彼の過去、私の過去、、、、、、 長野にきて、心が開放されて以前は全く飲めなかったお酒が飲めるようになったこと。(東京では3日間私とともに飲みっぱなしでした) 女性に対する不信感から、抑圧していた性の話も気軽にできるようになったこと。 (若い男性が女性に興味を持つのは当たり前ですもんね、、、、) なにより今回の病気で改めて武道というものの本質を真剣に見つめることができたこと、、、、、、 私自身も、武道や格闘技で心を鍛える強くするってどういうことなんだろう? 稽古をして試合で強くても心が弱い人間ってたくさんいて、実は武道や格闘技で本当に強くなることなんてできないんじゃないだろうか? と疑問が最近頭をよぎることがありまして自問自答を繰り返していたところだったのですが、彼との会話の中でたくさんの気づきをもらいました。 やはり強さを求めるというのは自分自身の弱い部分、身体の癖、心の癖をしっかり見つめて、修正することにより得られるものなんだと。 彼も私も道半ばにして今とても貴重な体験をしているところなのだと、、、 彼は今後病気を克服し、そのまま長野県本部で研修生となり武道修行に3年間打ち込み、選手としても全日本王者、そしてプロのリングでチャンピオンを目指すことを決意したそうです。 彼の強い志があれば必ず病気を克服して、夢を叶えることも可能だと思います。 私もこういう本当の強さを目指す、若い人たちのサポートをしていきたいと改めて思いました。 そして彼らがいつか立派な指導者になったときに、苦しんでいる若い人たちを助ける立場になってくれればなと、、、、、 そして自分の強さというものに対してもっともっと追求するべきだなと、、、、、、 日曜日、新宿のバスターミナルまで送ってあげたのですが、田舎ではなかなか買えないと紀伊国屋でたくさんの格闘技の本を買って嬉しそうに帰っていく彼のすがたをみながら自分自身も励まされたような気がします。 押忍

DEEP34 結果& ZST &

a431fc63.jpgDEEP女子フライ級トーナメントに出場したSACHI選手。 一回戦は見事な一本勝ちを決め、決勝戦でのしなしさとこ選手との対決に臨んだのですが、結果は腕ひしぎ逆十時固めでの一本負けと残念な結果に終わってしまいました。 またフューチャーファイトに出場した奥山選手も、得意の足関節を封じられてしまい逆にスリーパーホールドを極められて一本負け http://gbring.com/sokuho/result/result2008_02/0222_deep.htm SACHIブログ http://sakusachi.cocolog-nifty.com/blog/ 残念な結果で終わってしまいましたが、今回SACHI選手に関しては本当に一皮剥けた感がありました。 武道、格闘技、スポーツ、、、、、、 心技体のなかで一番大切で成長が難しいのが、心の部分 ここに成長の兆しが見えた選手は必ず強くなっていきます。 控え室で泣きながらしなし選手のところに挨拶に行って 「あともう1回だけお願いします。引退しないでください」 って言いながら握手してもらってたシーンは印象的でした。 次の日電話したら、「今日から稽古してます、、、、、」 まだまだ伸びしろがいくらでもあるだけに、今後が楽しみです。 さてさて今日の夜は、ZST16 新宿道場道場長、生粋のグラップラー矢島雄一郎選手がなんとシュートボクシングルールに挑戦します。 矢島選手も打撃に関してはまだまだ伸びしろがたくさんある選手、この試合どう乗り切るか楽しみです。 、、、、、最近おかげさまで、毎週格闘技興行にうちの選手が出場して大忙しの状況です。 来週もある国である興行にある選手が出場するので同行します。 ビザのメドが出次第発表させていただきます、押忍 PS 今夜はBSフジにて先日行われた、スマックガールの放送が22時からあります。 BSが見られるかたはぜひご覧になってください。 私は道場の隣のREVEさんで観戦予定です。 小金井道場のご近所さん集合ということで、、、、、(笑)

明日はDEEP34INPACT

2121ae76.JPG

さてさて明日は後楽園ホールにて、DEEP34INPACT、女子フライ級チャンピオン決定トーナメント!! 元祖?美少女ファイターSACHI選手の登場です。 先日のスマックガールの会場で会ったときは、髪を切り減量して精悍な顔つきをしていて今回のトーナメントにかける意気込みを感じました。 練習の方も、大阪のアングラーに長期出稽古に赴き、絶対女王辻結花選手と一緒に練習してきて、心技体と充実しているみたいです。 前回のしなしさとこ選手戦の敗戦から早5ヶ月でめぐってきたリベンジのチャンス、是非ものにしていただきたいと思います。 またフューチャーファイトで、先日のFKT準優勝奥山健太選手の試合も急遽決定いたしました。 こちらも楽しみです。 明日はぜひ会場でお会いいたしましょう!! PS 六本木道場のみなさんへ、、、、、 今日の田町での稽古にSACHI選手調整で参加するそうです。 ぜひ顔をみたら明日の試合励ましてあげてくださいね!!!

昨日のスマックガールの感想、、、

昨日のスマックガールは、禅道会から3人の選手が出場していました。 前回の日記にも綴りましたが3人にはそれぞれの物語があり、今回リング上でくっきりとその物語が表現されていたなというのが感想です。 試合内容に関しては2月24日(金)の22時からBSフジでの放映がありますし、まだ正式発表ではないのですが、3月に民放でも映像が流れる予定です。 ぜひみなさん見てあげてください。 私自身もそれを見てからまたゆっくりと感想を書きたいと思います。 まあ試合の勝ち負け云々よりも、昨日一日の経験を彼女達がどう受け止めて、日々の稽古に、今後の人生に活かしていってくれるのか? それが一番大切なことですからね。 自分のところの石岡に関して言うのなら、今回の敗戦は本当に意味のあるものだったと思います。 試合後、控え室で泣きじゃくり最後のリング上での記念撮影のあとで 「負けたのにリングに上がってるのが一番辛かった」 と言ってまた泣いていた姿を見たとき「コイツこれから強くなるな」って思いましたよ 押忍 PS 昨日「次は誰と試合したい?」って聞いたら今日になって 「ハムソヒ選手ともう一回やらせてください」 ってメールが来ました。 以前は負けた相手とはしばらくやりたくないって言ってたんですけどね、、、、

格闘技と教育を繋ぐもの、、、

40e60b30.jpg昨日は朝から新たなアマチュア総合格闘技イベントの関係者様とミーティング。 世の中少しずつ、格闘技と青少年健全育成を繋げる流れになって来ているんだなとあらためて実感し、私達もぜひご協力しますと伝えて別れました。 昼には道場に戻り電話対応、メール対応で大忙しこちらも今日行われるスマックガールの中で、現在進行中のドキュメンタリー教育番組とのすり合わせのツメのところ、、、 以前から漠然と考えていた一見ヤクザな世界のプロ格闘技と教育、、、この相反するものを繋ぐのが武道。 少年部の子供達や、忙しい仕事を終わらせ疲れた身体にムチを打って汗を流す一般道場生の人達を見ていると、今大切な仕事をしているんだなと思います。 先日の指導者合宿で話し合ったように、武道というものは、究極の身体性の教育であって体の癖を治す習慣性を身につけることにより心の癖を自力で治せる人間を作っていくのが本分。 その教育の過程として、身体の癖や心の癖をまず露出しなければいけないのですが、それに一番向いている試合形式が人間の自然な格闘に近く、ルールの縛りもなく恐怖心を伴う総合格闘技と私達は考えています。 今日スマックガールで戦う3人の女の子はそれぞれの立場や環境で深い心の悩みを抱えています。 そんな中で、厳しい稽古を積みリングに立ちます。 前回のスマックガールの番組でもあったように彼女たちがなぜ戦っているのか? 会場に来るみなさんはエンターテイメントの部分の中に隠れている内面の姿にも目を向けていただければなと思います。 またいらっしゃれない方も今回の大会はBSフジだけでなく、たくさんの番組のカメラが入ることになっているので、是非ともブラウン菅でご覧になっていただきたいと思います。 真剣勝負のリング上で人は仮面を被ることはできません、本当の姿をさらけだした時の喜怒哀楽というのは本当に感動を与えてくれます。 それが社会的な立場が弱いと思われがちな女性ならばなおさら伝わりやすいのかなと、、、 押忍

追記アリ、指導者合宿&アマチュア修斗

67e751f7.jpg
196f102f.jpg
2b999192.jpg
2月8日(金)から2月10日まで、空手道禅道会の指導者合宿がありまして、長野県上田市別所温泉に行って来ました。 今回は小沢先生がフィリピンの指導で不在ということもあり各支部長、道場長が今後の武道普及や指導、これからの禅道会のあり方について、いつもの会議以上に熱い議論が昼間のディスカッション夜の宴会の場でも展開されとても有意義な合宿となりました。 また試合を控えた石岡沙織も連れて行ったのですが、普段一緒に稽古できない本部指導員や石原美和子師範代に指導を受けられ、白銀の世界の中で温泉に浸かりリフレッシュもバッチリ、世界トーナメントの最終調整としては最高の機会だったのではないでしょうか。 こういった武道に対しての志が高い方達と大自然の中で寝食や行動を共にするということは、何事にも変えられない経験となります。 小金井六本木道場の茶帯以上の道場生はぜひ来年は参加していろいろと感じてもらいたいと思いました。 まあその茶帯の奥苑と正木は日曜日、アマチュア修斗で試合をしていまして、二人とも判定で負けてしまいましたが、こちらもとても良い経験になったと思います。 前回の長野県でのグラウンド戦でもそうですが、アウェイの会場での戦いというのは勝ち負け関係なくいろいろな意味で学ぶことが多かったはずです。 合宿から帰って来てすぐに打ち上げの場所に行き映像を見せてもらいましたが、二人とも堂々とした戦いぶりでとても良かったと思います。 あとはせっかくの経験を無駄にせずきっちりと、普段の稽古に活かせば必ず結果があとから着いてくるはずです。 武道として肝心なのは試合前の稽古よりも試合後の稽古、また頑張りましょう。 PS やっぱり行事のあとに、武道や格闘技の話をしながらビールを飲んでいる時間は私にとって本当に至福のときなんですよね。 時間をついつい忘れてしまいます。 露天風呂で2時間以上も浸かりながら雪見ビール飲んでいて気が付いたら、一人ぼっちだったときはびっくりしましたよ(笑) 押忍
追記 連盟のブログに詳細な記事が出ています、良かったら覗いてみてください。 http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000226349.html http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000226355.html http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000226358.html

道場連絡

道場連絡です。 明日、2月8日(金)~2月10日(日)の3日間長野県で指導者合宿に行ってます。 禅道会の公式行事なので、その間の稽古は自主トレーニングとなりますのでお間違いのないようによろしくお願いいたします。