ホーム>日々思う処我に有り>2009年10月

2009年10月

北崎鎮 公開計量INストックホルム

dcdb57ee.jpgチケットトラブルが有り、本当に出国できるのか心配だったのですが、無事にストックホルムに到着しました。 しかし16時間の長旅はかなりきつかったです(涙)、二人ともすっかり疲労困憊の状態でした。 深夜0時にホテルに着き、早速体重計に乗る北崎鎮、予定体重をはるかに超える81. 8kg、翌日昼までにあと4. 8kg落とさなきゃいけません。 北欧だけにサウナ付きホテルなのですが、営業時間は朝9時から0時まで。 仕方なく北崎はサウナスーツを着込みランニングをしてから半身浴1時間して眠りました。 翌朝8時に計ると80.2kg、残り3kg強を落とすためにとりあえず再びランニング。 美しいストックホルムの街並みはいくら走っても飽きることはありません。前日の長旅の疲れはなくなり二人ともすっかりこの街を気に入りました。 そしていよサウナに突入。 話し相手がいなきゃ辛いだろうからと、私も入ったのですが、同じホテルに泊まっていたヨーロッパのファイターが次々とサウナに入って来て狭い中にマッチョが8人、スウェーデンでは混浴サウナもあると聞いていて少しは北欧美人の裸なんぞを期待していたのですが、外人ゴリラの檻みたいな異様な空間はかなり残念でした(笑)。 まあしかし国は違えど男同士の裸の付き合いは心を打ち解けさせます、みんなで格闘技の話で盛り上がり楽しく2時間を過ごせました。 この時点で残り450g、あとは買い物がてら散歩して会場で微調整すればイケるだろうと判断、たくさんの日本では売っていない美味しそうなジュースを買い込み、計量会場へ向かいました。 会場はホテルのすぐ近くにあるキックボクシングジムだったのですが、ナイトクラブのような入り口がとてもお洒落で平日13時だというのに一般会員が30人ほどで練習していて大変な賑わい。 通訳の人に聞くと、ストックホルムでは格闘技がブームになりかけていてジムに通うのは一種のステイタスになっているそうです。 さらにこのジムにもサウナがついていて、計量までの時間で最後の一絞り無事に77kgジャストとなりました。 気がつくとたくさんの練習していた会員さん達はいなくなり、変わってマスコミや関係者の人達で賑わう公開計量会場に変わっていてこれまた大盛り上がり、なんか明日の大会かなり楽しみになって来ました。 http://www.superiorchallenge.com その後ランチをホテルでして一休み、夜に煽りVの撮影をする頃には北崎もすっかり元気になり体重も81kgまで戻っていましたよ。 さて明日はいよいよ試合、果たして北崎の拳は世界に通用するのでしょうか? ちなみにtwitterでリアルタイムにこちらの情報更新しています。 良かったらdojochoで検索してフォローしてくださいね、押忍。

スウェーデン遠征

今日から来週の火曜日まで、スウェーデンに行って来ます。 横浜支部の北崎鎮が、ストックホルムで開催されるSuperior Challenge4というMMAの大会に出場するためにセコンドで同行するためです。 対戦相手はディエゴゴンザレスという選手で、UFCと契約間近だというかなりの強豪選手でそのUFCで活躍するダンハーディーにも勝ったことがあるそうです。(ダンハーディーは郷野選手にも勝ってます) http://www.youtube.com/watch?v=UwBwBdhsgaQ 日本では連勝街道を進んでいる北崎が世界レベルでどれだけ通用するのかの試金石になる大事な一戦です。 私の海外試合でのセコンド経験は今回で3試合め、以前はオーストラリアと韓国にいきましたが、とてもきちんとしたプロモーションでそれほど苦労したことは無いのですが、たいてい海外での試合はハプニングやトラブルがつきものです。 今回も早速、聞いていた航空便が別の便に変わっていたのを前日まで知らず、たまたま確認したら発覚したという恐ろしい出来事がありました。 まあ幸い私は、基本的に細かいことは気にしない性格なので(笑)むしろ海外でのセコンドは向いているのかもしれません。 出来る限りのサポートをして勝利報告ができたらなと思います。 道場生のみなさんには迷惑をかけてしまいますが、何卒ご理解のほどをよろしくお願いいたします。 押忍 PS 留守中携帯は繋がると思いますが、連絡はなるべくメールでお願いいたします。

格闘技漬けの週末

11077a32.jpg毎度のことながら格闘技漬けの週末でした。 土曜日は昼間から金網女子格闘技ヴァルキリーがあり横浜支部の瀧本美咲と友人茂木康子との一戦があるということで、会場に足を運びたかったのですが、石岡が女子部のお母さん達を連れて行きたいということで、少年部の指導&託児所所長となり道場で留守番していました。 結果は瀧本の3RTKO勝ちで、涙涙のマイクとなり感動的なものとなったようで、みんな楽しんでくれたようです。 まあこういう形での女子格闘技普及の貢献というのもありかなと。 日曜日は朝から関東地区グラウンド戦、今回出場者は少なかったのですが、好試合が続き質の高い大会だったと思います。 小金井道場の長谷川が準優勝、いよいよ次は昇段チャレンジということで頑張ってもらいたいと思います。 大会が昼過ぎには終わったので、道場に戻りPPVでDREAM観戦。 初のケージ使用の大会ということでしたが、あれだけの広さがあれば膠着も少なく良い試合が続きますね、とても面白い大会でした。 ビールも進み、メインが終わった頃にはすっかり出来上がっていましてご機嫌な頃に、佐川急便の届けものが… 開けてみると、北村裕子の昇段認定証と黒帯が入っているではありませんか。 こりゃめでたいと、家におしかけ急遽授与式、37歳という年齢で家事や仕事の合間を縫って稽古や試合を続けてきたのが評価されたのでしょう。 今後更なる精進をしてもらいたいと思います。 そこでもまたワインを一本空けて、道場に戻り今度はUFCの観戦。 時間が少し空いたので、最近マイブームの高岡英夫先生の¨ユル体操¨のDVDを見ていたらあまりのユルユル加減に気持ち良くなって爆睡、意識が戻るとすでにリョートVSショーグンのメインイベントが始まっているではありませんか… 試合は寸止め空手対ムエタイの異種格闘技対決みたいで緊張感のある戦いで面白かったです。 私の目からはショーグンの勝ちに見えたのですが、判定はマチダリョート。 まああのスタイルの欠点は露呈されてしまったかもしれませんね。 さすがに一日格闘技を見続けたら疲れてしまいました。 月曜日のオフはのんびり過ごしたいと思います、押忍

金的について

実は私、ここ数年(もしかしたら10年以上かもしれない)試合やスパーリングで金的を蹴られて痛い思いをしたことがないのです。 2ヶ月ほど前に、スパーリング中にヘボいタックルを仕掛けられ頭突きを股間にまともにくらい「この痛み感じるの相当久しぶりだなあ」と悶絶したくらいで、蹴られて痛かった記憶が全くないのです。 先日の試合中、実は2回も金的を蹴られていて、特に一発目は試合序盤「パコン」とまわりに聞こえるくらいの音がしたのに全く痛みがなく、ただ 「大事な所、蹴りやがって」 と怒りの感情が湧き、フルスィングでローキックを叩きこみました(笑) リバーサルの磯部長のblogに¨ぶっ殺してやるという気迫のローキック¨と書いていただいてましたが、よく見られてるなと、確かにあの時は一瞬殺意がありました(笑) そういえば今回弐段昇段を掛けての試合だったのですが、初段になるときのワンマッチでも相四つの態勢から膝げりを「パコン」ともらいました。 その時も全く痛くなかったのですが、音に気がついた審判や周りの人の視線を感じて痛い振りをして、間を取って演技したということもありました。 大会後にこの話をしましたら、石岡がニヤニヤしながら 「相当小さいが縮こまってるんじゃないですか?」 と、大人を侮辱するようなことをほざきやがったので 「違う!!用途に応じて千変万化に大きさを変えられるんだ」 と強気で言ってやりましたが、もしかしてもしかしてオレってば… 技術論的に言うと、腰を低くタックルに行きやすいようにワイドスタンスに構えていたり(外国人選手に多い)バックステップやスウェーバックを多用しやすいように、前足の膝をまっすぐ伸ばしている選手(武蔵選手や郷野選手など)は金的をもらいやすいですよね、あとはビビって腰がひけてるる人は当然蹴られたときのダメージは大だと思います。 きちんと自然体に構えて骨盤を後傾させて腹を張って構えていればインローをカットでも、前足を引いたりしてもらい難いしダメージもそれほど無いと思うんですけどね… 勘違いしないでください、これはあくまで下ネタではなく、武道を護身術として考えれば急所を守るというのは大切なこと、追求すべき技術の一つなのです!! 以前テレビで琉球唐手をやっている外国人がサンチン立ちに構えて、リポーターの須藤元気選手にフルスィングで股間を蹴られても平然としている映像見て衝撃を受けました。 私も一空手家として、どんな攻撃をされてもビクともしないような鋼のような○○○を手に入れたいものです。 しかしやはり頭の片隅には、どこか弱気な自分がいたりします。 もしかしてオレってば… 押忍

2009年リアルファイティング空手道選手権大会

とりあえずまずは、無事に勝てました。 ワンマッチだったのですが、一応マスターズ81kg以下級優勝です。 小金井道場の石岡沙織、野本一貴、北村裕子また同じ関東の新宿道場や横浜支部の面々がそれぞれ先に良い試合を見せてくれて、さすがにプレッシャーかかりましたよ。 結果は腕ひしぎ逆十字で一本勝ち、とりあえずホッとしました。 またわざわざ長野の駒ヶ根まで遠い所足を運んでくださった、リバーサルの磯部長、バルキリーの茂木プロデューサー、格闘王国記者兼ジュエルス広報の橋本さん、小金井道場の北村ファミリー、高瀬ファミリー、平松ファミリー、オオバさん、運転手をしてくれた六本木道場の齋藤、ありがとうございました。 そしてスタッフ、関係者、選手のみなさん、お疲れさまでした。 今回、会場がいつもより小さく、トップ選手出場選手数も少なかったので、スケールダウンを少し心配していたのですが、好試合が続き盛り上がったとても良い大会だったと思います。 自分の試合に集中していたので、見逃した試合も多かったのですが、石岡と金子先輩の試合と、最後ドラマのような逆転勝ちを見せた三浦対畑の試合は本当に素晴らしい試合だったと思います。 大会詳細は、格闘王国とフルコンタクトKARATEで見てください。 押忍

明日のために…

518f2c8d.jpg明日のために、最後の一絞りを半身浴でしています。 今回86kg→81kgの5kgを1ヶ月かけて落としてみました。 きちんと減量して試合に臨むのは3年ぶりくらいです。 元々、太らない体質なので減量で苦労したことはほとんどなかったのですが、やはり年齢とともに体質って変わるんですね。 今回結構しんどかったです。 プロ格闘技の世界では最近は水抜きで一気に5~10kgくらい落とすやり方が流行っています。 確かにあのやり方だとストレスがかかる時間は短いし、リカバリーも早く体重をすぐに戻せるので良いのですが、あくまであれは前日計量だからできるのであって当日計量の場合はやはりきちんと計画を立てて落とさないといけません。 ましてや、アマチュアの大会の場合ほとんどがトーナメントですからフラフラの状態で試合に臨んで勝てる訳ないですものね… ですからできれば、前日までに500~1kgくらいアンダーにしておいて夜に糖質や炭水化物をある程度取り、減量しながらもリカバリーしていく方法がベストだと思います。 前回の試合では優位に試合を進めていたのにラスト1分でスタミナ切れで負けました。 その前のときは、佐伯さんと前日2時頃まで飲んでいて負けました… 今年はきちんと体調管理して勝ちたいと思っています。 押忍 PS さてお風呂に浸かりながら携帯でblog書いてる間にすでに玉のような汗がボタボタ落ちて来ました。 あと少し…

決定!!ヴァルキリー03瀧本美咲VS茂木康子&リアルファイティングトーナメント告知

10月24日(土)ディファ有明にて行われる女子総合格闘技ヴァルキリーのメインイベントとして、 瀧本美咲VS茂木康子の一戦が決まりました!! 格闘王国 http://www.kakutoh.com/pc/news/shosai.php?id=4336 GBR http://gbring.com/sokuho/news/2009_09/0930_gcm.htm BOUTREVIW http://www.boutreview.com/2/news/valkyrie/item_3632.html gravity http://www.kakutoh.com/pc/blog/gravity/2009/09/valkyrie1024.php 先日ジュエルスのメインイベントでハムソヒ選手との激闘を終えたばかりの禅道会女子部のエース瀧本美咲、かたや私が格闘技を始める15年以上まえからの旧知の仲であるヴァルキリープロデューサーの茂木康子との一戦。 かなり私にとっても思い入れのある一戦となります。 ぜひみなさん会場に足を運んで応援してあげてください。 それから10月4日(日)に行われる全日本リアルファイティング空手道選手権大会の各格闘技サイトにて告知いただきました。 各マスコミのみなさまありがとうございます。 格闘王国  男子&マスターズ http://www.kakutoh.com/pc/news/shosai.php?id=4344 女子 http://www.kakutoh.com/pc/news/shosai.php?id=4345 GBR http://gbring.com/sokuho/news/2009_10/1001_zendokai.htm BOUTREVIW http://www.boutreview.com/2/news/zendokai/item_3642.html gravity http://www.kakutoh.com/pc/blog/gravity/2009/10/rf104.php とくに格闘王国さんには2ページに渡り詳しく選手プロフィールまで載せていただいてます。 こちらは場所が遠いのですが、私自身も試合に出ますし各マスコミさんが書いてくださっているように 金子真理VS石岡沙織というのは、女子格闘技に興味のあるかたにはかなり注目の一戦だと思います。 ふだんリングの華やかな試合を見ているかたにも、たまにはアマチュアの武道大会の凛とした雰囲気のなかでの戦いも見ていただけたらなと、、、、、、 長野県で会いましょう!!!! 押忍