ホーム>日々思う処我に有り>2010年7月

2010年7月

ハリー死す

3459e095.jpg dca0f0bf.jpg 昨晩の10時10分頃、ハリーはカミサンに抱かれてあの世に行きました。 私がちょうど稽古が終わり、掃除をして談笑していたときカミサンが泣きながら電話をしてきて 「なんで携帯出ないの?ハリー死んじゃったよ、、、、」 もう1つの携帯を見ると、10分ほどの間に17件も着信が入ってました。 慌てて家に帰るとベッドで横たわるハリーがいて目は白目を向いていましたが、身体がまだ温かかったので、心臓マッサージをして鼻から人工呼吸を何回もしてみたのですが、風船のように「プシュー、プシュー」音がするだけで、心臓の鼓動は戻ってきませんでした。 享年八歳六ヶ月、大型犬は短命といえども早すぎます。 9年前小金井市の実家に夫婦で引っ越して、小金井公園に遊びに行くと沢山犬を連れている人たちがいました。 先代の犬が死んで3年がたち、また犬を飼いたいなと思っていたころ、当時働いていた六本木のBARのお客さんから 「西麻布の店で可愛いラブラドールとポインターのMIXの子犬が飼い主探していてさ、誰か飼う人いないかな?」 と言われ、ピンと来た私はその日のうちに会いに行き、そのまま始発電車に乗せて自宅まで連れて帰りました。 それからというもの、どこに行くにも寝るにも常に一緒。 子供のいない私達夫婦にとってはかけがえのない存在となりました。 去勢手術をして入院させたときはあまりにも寂しがって泣き叫ぶハリーを見て、病院の先生から「この子は分離不安症だから自宅に帰した方が良いです」と言って帰されたこともありました。 とにかく運動能力は桁外れで、五歳をすぎてもドッグランでかけっこや取っ組み合いで負けることがなくあまりにも元気すぎて、暴れん坊ハリーなどと言われ他の飼い主さんにもたくさん迷惑をかけてしまいました。 でも愛嬌だけはいいので、みんな笑顔で「ハリー、ハリー」と可愛がってくれました。 一緒に遊んでいた子たちが、どんどん落ち着いておとなしくなっていくのに、一人幼犬達と遊びまわり、太りもせず病気一つしたこともなかったことから「雑種だから身体は強いんだろうな」と、私達もすっかり健康面で過信していたのかもしれません。 体調を崩したらあっと言う間でした。 当たり前のことですが人間みたいに動物は言葉を喋ることも無いですし、死に対する恐怖心もありません。 ですから飼い主は、過敏すぎるくらい健康には気をつけなきゃいけなかったんです。 そこだけは本当に悔いが残ります。 私は無宗教の人間ですが、こういうときだけは思ってしまいますね、 「天国で美味しいものたくさん食べて、元気に走り回ってくれればいいな」と 押忍

機関紙" yu " リニューアル

yu_027_cover 禅道会の文化、教育系の機関紙である"yu"がリニューアルされ7月25日発売されることになりました。 思えば確か3月の会議のときに大畑支部長が 「"yu"をリニューアルしたいんですよ、誰か有能なデザイナーの方にお知り合いいませんか?」 と言われて、ちょうどそのときよく酒の席で、雑誌の話をしていた道場生の北村さんがピンと頭に浮かび 「いい人がいます。今電話して聞いてみます」 と、その場で電話。「押忍!!」の一言で受けてくださってから4ヶ月、ついに"yu"のリニューアル号が完成しました。 一足先にPDF版を見せていただいたのですが、これがまた素晴らしい出来栄えでして製本されたものを見るのがとても楽しみです。 今回私は編集作業にはほとんど関わっていなかったのですが、メールのやりとりをCCで見せていただいていて、雑誌を作るってこんなに大変な作業だったんだと正直驚きました。 これを今まで一人でやっていた小沢亮子編集長は本当に大変だったのだろうなと、また本業の仕事があるのにも関わらずボランティアでやってくれた北村さんや前田さん、大畑支部長も、本当に大変だったのだと思います。 みなさん本当にご苦労さまでした。 また今回プロの方々の手が加わったことで、禅道会内部だけでなく外部の方にも楽しんでいただける内容になったのは間違いありません。 ぜひみなさんリニューアルされた"yu"を手にとって読んでいただければと思います。 発売は7月25日、定価は500円です。 購読希望の方は、禅道会各支部道場 または NPO法人文化教育活動支援協会 0265-53-3615 までお問い合わせください。 押忍

ゴング格闘技取材

昨日は、小金井道場にてゴング格闘技さんの取材がありました。 石岡沙織メインの取材だったのですが、今回小沢隆首席師範と石原美和子道場長にもわざわざ足を運んでいただいて禅道空手の技術の一端を紹介させていただきました。 禅道会道場生はもちろん、それ以外の方にも是非読んでいただけたらなと思います。 石岡のblogにも載っていますが、取材後空いた時間に石岡は石原道場長や小沢先生から技術のレクチャーを受けていました。 毎度のことながら、このときの様子や取材を見ながらあらためて、うちの技術体系ってシンプルに整理されていてよくできてるなあって思いました。 しかしシンプルな分なかなか伝えるのが難しいです。 指導者としてもっときちんと体現、技術伝達できるようにもっと稽古しなきゃいけないといけませんね。 武道の技術に完成形というのはないと思います。 ウオルトディズニーの名言 「ディズニーランドは永遠に完成しない」 というのといっしょです。 満足したらそこで終わり、わかったつもりになったらそこで終わり 常に向上心をもって感性を磨いていかなければなりません。 押忍

ハリー

5bb9b754.jpg
私事なのですが、6月の末からうちの愛犬ハリー8歳が体調を崩しています。 嘔吐下痢から始まり「おかしいな?」と思って。病院に連れて行ったところ最初、脾臓に腫瘍があると言われ「食事をとらなくなったら10日持たないでしょう」とのことでした。 それから血液検査を繰り返し、腫瘍と思われてたものは膵臓の炎症だということが判明、病名は急性膵炎と診断されました。 腫瘍では無いということでホッとしたのですが、それから2週間近く容態が良くなっている様子はありません。 毎日病院に連れて行き、点滴を3時間ほど受けさせ連れて帰る毎日、食欲もどんどんなくなりここ1週間くらいは、食べ物も全く受けつけず今はゼリーにアミノ酸をまぜて口に塗って、それを舐めさせるのがやっと。 すっかりやせ細っててアバラが向きだしの状態です。 しかし本人はまだ外にも出たがるし、マーキングもする、まだ生きようという意志が見られます。 私達夫婦も子供代わりにずっと育ててきましたから、当然どんなことをしても助けようと思っています。 しかし人って愚かだなあと思うのは、こういうことがあって初めて命というものと向き合えるんですね、、、、、 8歳の大型犬といえば、いつなにがあってもおかしくないのに、そんな気積りちっともなかったですからね。 まあとにかく、人も犬も一日一日を誠一杯生きていくというのは本当に大切なことなんだと改めて実感しています。 押忍

BLOG復活

830513e9.jpg
お久しぶりです、実に4ヶ月ぶりのblogです。 5年ほど書き続けてここまで間が空いたのは、初めてではないでしょうか。 まあ理由は簡単でして、以前から何度か書いてましたがtwitterの気楽さにすっかりうつつを抜かしていました(笑) 昔からあまりいろんなことに浮気するタイプでは無いのですが、1つの事に興味がわくとトコトン理解するまでやりこんでみないと気がすまないタチでして、おかげでどうにか有効な使い方は理解できたような気がします。 この4ヶ月間私が何をしていたか知りたい奇特な方がいらっしゃるのならこちらを見てください。 ただtwitterって過去を振り返るものではなく常に、現在、今、というものに意味があるものなので、振り返って読んでもあまり面白くは無いと思いますが、、、、、 西川享助のtwitterhttp://twitter.com/dojocho そんなこんなで、私なりにインターネットや他のメディアを通じての情報発信や広報というものを勉強(遊んでた?)してきて最近1つわかったことがあります。 きっと広告に詳しい人にとっては当たり前なのかもしれませんが、広告には2種類の広告がありまして、能動的広告と受動的広告とでも言うのでしょうか? 能動的な広告というのは、TVコマーシャルや選挙ポスターのように見る側が望んでなくても何気なく目にはいって来て、いつのまにか購買意欲などを掻き立てられてしまうもの。 受動的な広告というのは、自らが進んで欲しい情報を手に入れようとするものとでもいうのでしょうか、例えば空手をやってみようと思ってインターネットで検索してみたりとか、専門誌を購入してみたりですとかそういうときに利用されます。 今書いているblogもこちらに入るのではないでしょうか? でそのtwitterというのは、この両方を兼ね備えているかなり有効的なツールなのではないかと思ったのです。 しかし世の中にはそれ1つだけで全てを賄える、そんなに都合の良いものはなかなか存在しません。 ようは能動的なものと受動的なものを上手にに組み合わせて、商品や情報を宣伝しないと人の心はなかなかつかめないものです。 まあもっと重要なのは、その商品や情報の価値がどれだけあるかということなのでしょうが、、、、、、 またこの受動的、能動的というものは、広告だけでなく、武道の修行や指導にとても大切な考え方だったりします。 まあこの辺りは、文章にするより、道場で稽古を通じて体現したり伝えたりするものですけど。 私自身は、武道教育というものや禅道会の空手や理念というものの素晴らしさには絶対的な自信を持っています。 ですからあとはそれをいかに体現できるよう稽古を積んで行くか。 そして少しでも広めていけるか、それに今さらながらインターネットというツールをもう少し上手に使えればいいなと思います。 HP、メールマガジン、blog、twitter、youtube、USTREAMなd 今どんな雑誌読んでも、テレビ番組見ても必ずインターネットとリンクしていますもんね、、、、、、 押忍