ホーム>日々思う処我に有り>2012年4月

2012年4月

姿勢とストレッチ4

久しぶりの更新です。

姿勢とストレッチ3の続きです

姿勢、歩法にこだわって3か月ほど過ぎました。

とくにここ2ヶ月くらいはかなり身体に変化が現れ、私自身の技術体系も変わって来ました。

毎日そのことだけを考えて稽古したり研究したりしていたら楽しくて楽しくて(笑)Blog更新するのもすっかり忘れていました。

道場でも小出しに教えて来ましたが、インプット、アウトプット、反復、を繰り返している間にようやく整理整頓できて来ました。

また体現もできるようになって来ています。

しかしここまで来るのに、やはり一筋縄では行かず、また腰を痛めてしまったりして「これ間違えてるのかな?」

と思うこともありました。

しかしそのときにふと思い立ち、今まで行ったことのないカイロプラクティックの治療院に行ってみました。

それも縁、自分の考えていた身体操作が正しいこと、しかし微調整が必要だったこと。

いろいろなことを勉強することができました。

あれだけ猫背で姿勢が悪いと言われていたのに

「格闘技やっているのに背骨がまっすぐすぎるんです」

って初めて言われました。ちなみにまっすぐ過ぎはダメなのですが、それは姿勢や骨格を自力で変えることができた証拠となりました。

また自分の身体に異常に柔らかい部分と固い部分の差が激しすぎることも理解できました。

その意見も踏まえてさらに身体を作って行き、ようやく完璧なものになってきました。

そこで明日、小金井体育館で道場生向けの技術講習会をやります。

13時~18時までたっぷり時間を取ってありますので、じっくり丁寧に説明していこうと思っています。

これをみなさんがどう感じるか、どう使うかは個人の自由です。

格闘技や武道だけでなく、他のスポーツや日常生活、フィットネスやダイエットなどありとあらゆる身体運動に役に立つと思いますので

道場生の人はもちろんご興味がありましたら少年部の子供も親御さんなんかもぜひ気軽に参加してください。

だいたいこのスポーツだからこの身体の使い方、武術だから特別な使い方なんてありません、人種が違うから身体の使い方が変わってくるなんてことはあるわけないんです。ちなみにうちの家内はスペイン舞踊のフラメンコをしているのですが、今まで日本人とスペイン人は身体が違うからできるわけないと思っていたことが、少しだけコツを教えたら簡単にできるようになったそうです。

人間骨の数も筋肉の数もみんな一緒ですからね、最大限に活用する使い方は一つしかないんです。

もちろんこれからの稽古でも指導していきますが、一度きちんと頭に入れてから稽古をやるのとやらないのとではかなり技の威力や正確さは変わってくると思いますし、この先さらに進化させていくつもりなので、できれば今のうちに一度覚えておいて欲しいのです。今までの格闘技理論とかなり変わってくる部分もあると思いますし、また古き技術が突然蘇ってきたり、面白いと思いますよ!!

”技は思い出すように習得していく”

幼いころどこかで間違えた身体の使い方、正しい使い方を思い出してそれを応用させていく、ただそれだけのこと、ぜひ明日会場でお待ちしています、押忍

PS

残念ながら怪しい神秘系武道の技術ではありません、きちんと現代MMAに通じる技術ですよ