ホーム>日々思う処我に有り>2013年3月

2013年3月

消防操法と空手

小金井の一般道場生はご存知だと思いますが、2月から小金井道場の夜の一般部の指導を藤澤指導員と諏訪指導員に任せていて、私自身はしておりません。

夕方の少年部指導と木曜日、日曜日の六本木道場の指導のみです。

では夜は何をやっているのかというとこういうことをしております。

消防操法Wikipedia 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E9%98%B2%E6%93%8D%E6%B3%95

5月26日(偶然にも私の誕生日)に行われる小金井市消防操法大会に小金井市消防団第一分団代表として出場すべく、同じく道場生の北村氏と共に

週3日訓練に励んでいます。

この消防操法、空手や武道でいうところの実戦型というべきものでしょうか、最初の規律から始まり、手の指の揃え、足の角度からありとあらゆる動作を正確に行えるようにすることで、実際の火事場でスムーズに活動できるように構成されております。

空手道禅道会では、礼法や基本稽古は重視しておりますが、型というものは存在していません。

以前私がいた流派でも、審査のときに簡単な実戦型があったくらいでほとんどがスパーリングや試合形式の稽古が中心、

「型なんてやっても強くならない」

という思想があったものですから規律通りに動く型というものを正確に体現するということは今までほとんどやったことが無い私にとってはかなり難しいものだということが正直なところです。

しかし消防というものは火事を消すのが実戦、空手や格闘技以上に命をかけての行動となります。本当に火が出て放水するような火事というのはめったにあるものではありません。

ですからふだんの訓練で実戦を想定したことをやっておかないといざ火事場に出ても、全く使い物にならなくなってしまうのです。

この操法大会は2年に一度行われ、前回のときは震災で大会自体の開催が中止となりました。

ですから私はこの大会というものをまだ経験していません。

ボランティアとは言え、市民の税金や寄付金で活動している以上、最低限この操法だけはマスターしておかないことにはと、半年ほど前から

指導員に相談してこの3ヶ月間は消防に専念させてもらうことにしました。

ところがこの訓練、いざ真剣にやらせてもらうと、私の空手に役に立つことだらけで武道とは何か?と再考さえさせてくれます。

Wikipediaにも書かれていますが、現在使用している機器とはかなり違うため、実戦の場において役に立たないのではないか?という意見もあるようですが、そんなことは決してありません。

頭の先から足の先まで神経を尖らせて、正確に動作を行う。全力疾走を何本も行いその中で動作一つ一つの意味を考える。

そういうことを繰り返し行うことで、身体操作能力というのはどんどん繊細になり、危機察知能力も上がって行きます。

前回のBlogでもチラッと触れさせていただきましたが、空手の型のナイファンチなどもパッと見ると実戦には役に立たないではないか?と思われる節があるものの実はそうではないということはここ数年証明されつつあることと一緒です。

また私は少ない経験ながらも、火事場で放水したこともあるので、そのときの経験とリンクさせて行くことで、動作の理解度、消防というものに対する理解度が増して行く。

また5人の選手、さらには選手以外のサポート、先輩やOBの方々の指導とたくさんの人の協力が無いと成り立たないものですから訓練を通して団としての絆が深まりいざ火事場での作業の命令系統なども強力なものとなって行きます。

こういうシステムを大会が終わったら空手に応用して行きたいなと今から考えています。

あと2ヶ月弱、道場のみなさんや家族にはご迷惑をおかけいたしますが、終わったときの実りはかなり大きなものとなりそうです。

どうかその辺りを理解していただけたら幸いです。

また少年部の子供たちにもぜひこういう活動をしているところを見せてあげて、将来地域ボランティアや社会貢献活動などに積極的に参加する大人になってくれればなと思います。

またあまり一般の人には知られることが少ない消防団の活動を、少しでも紹介することによって防災意識なんかも高まってくれると良いなとも思います。

まあ私たち武道家というのは、毎日体を鍛えているわけですから、その体を社会のために役に立てない手はないですからね、、、、、

そうそう大会ですからね、空手と一緒です。

やるからには優勝目指します。

押忍

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで

消防.JPG

DEEP TOKYO INPACT

nishikawablog.jpg

 

昨日は、DEEP TOKYO INPACTという大会が新宿フェイスでありまして、空手道禅道会 横浜支部からLUIZ師範代、小金井道場から藤澤優作指導員が出場。


のはずだったのですが、LUIZ選手の対戦相手が計量オーバーで失格、試合中止となり藤澤優作指導員のみの出場となりました。

今回LUIZ選手は相手がオーバーしていても試合をやると言っていて夜の時点では、試合することになっていたのですが、深夜佐伯代表から「Twitterでかなりの騒ぎになっている、ルール変更も含め今回は試合中止にします」と連絡があり中止となったのです。
この件については、思うところもあり後日どこかで書きたいと思います。あくまでトーナメント一回戦なので、優勝してタイトルマッチに挑戦していただきたいと思います。

一方、藤澤優作指導員は地方大会やローカル大会では活躍していましたが、今回東京での本戦出場は初となり、沢山の道場生が応援に来ました。

試合は前半、緊張からか浮ついていて不利な展開だったのですが、ラストで一気に追い上げてKO寸前まで持っていき、判定は1-0でドロー。勝ちにはならなかったものの最後まで諦めずに逆転できたのが良かったです。

また今回あらためて応援の力の大きさを感じました。

やはりうちの選手が大会に出るときには、道場一丸となってサポート応援しみんなで喜びや苦しみを共有したいですね。

さて次は4月21日の関東大会です。

こちらは沢山の道場生に参加していただいて盛り上げて行きたいと思います。

震災で大会中止になってから丸二年。

この二年間の活動の成果を存分に発揮できる大会にしましょう〓

押忍

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで





iPhoneから送信