ホーム>日々思う処我に有り>道場長日記>六本木道場稽古始め
道場長日記

六本木道場稽古始め

201716154423.JPG

 

昨日は六本木道場田町クラスの稽古始めでした。

通常稽古始めは、基本移動稽古10往復とか、五本蹴り1時間とか苦行系のことをやるのですが、私を含めてみんな年末病み上がりだったり、怪我上がりだったり、40代以上が多いので、無理はできないねと通常の稽古を行いました。

六本木道場でも、小金井道場でも最近の私の指導では、対人の打撃のディフェンスドリルを多く取り入れています。

これは投げ技を安全に行うために、受け身や打ち込みを沢山やるのと一緒で、打撃技術を安全に覚えるためには防御に力を入れた方がよいのではないか?と思ったのと、ここ一年ほど個人的に習っている中国武術の詠春拳の稽古で、沢山の防御技を体練でやっているのですが(両手でパンパンやるカンフー映画で見る例のアレです)確かにひたすらやり続けていると、勝手に体が動くようになるんですね。これを現代分にアレンジすればいいんじゃんって

また伝統的な空手の基本稽古には受け技が多く入っているのに、うちの基本稽古は回し受け以外全て攻撃技なのも疑問だったんです。

武道は護身技術が基本と考えれば受け技にもっと力を入れなければいけないのではないかと。

顔面打撃というのはどうしても恐怖心がついて回る、とくに今時の人は人を殴ったり殴られたりなんて経験を一回もしたことないって人が多いですから、その恐怖心を無くすためにはディフェンス技術を強化する必要があるんじゃないかと、、、、

払う、止める、避ける、取る

パーリング、ブロッキング、スリッピング、ダッキング、スエーバッグ、キャッチ、、、、

これを1分半〜2分でひたすらお互い繰り返していく、とくにスリッピングやダッキングなど繰り返して行くと面白い現象が生まれることに気がつきました。

その後、ミット打ちをやると打撃の威力が増しているんです。

また組技のときにやると、タックルのスピードが上がるんですね、、、、

これは正しい股関節の使い方とシフトウエイトを覚えるのと、大臀筋やハムストリングスの強化に繋がるからなのでしょう。

全ての運動は股関節の開閉、外旋内旋から始まるので当たり前と言えば当たり前なのですが、ディフェンスの練習をやって結果オフェンスも上手くなるというのは新鮮な発見でした。

何より楽しいんですね、パンチを避けてるときにちょっとしたスリルが味わえるので(笑)

この稽古をやりだしたすぐ後で、たまたま見たYouTube、武井壮がやっているテレビ番組でボクシングの世界チャンピオンの長谷川穂積選手が、全く同じ練習方法をずっと続けていると言っていてびっくりしました。

共時性、、、、強い人はやっぱり地道な反復続けてるんですね。

また先日、フルコンタクト空手マガジン誌の取材があったのですが、理心塾の村井塾長が同じディフェンステクニックのコツを説明していて理論が全く一緒だったんですね。

おお天才と一緒だって、ちょっと嬉しかったんです(笑)

さてそんな感じですっかりマイブームとなり、取り組み始めて2ヶ月ほどなのですが、続けてる人はかなり上達しています。

攻防一体、空手の極意は交差法にあり、、、、、

このまま続けて行くと、春の大会あたりには、みんなかなり組手スタイルに変化が見られるのではないかと思います。

まだ体験していない人がいたら、ぜひ私の稽古日にいらしてください。

ナジームハメド張りのテクニック覚えられますよ!!

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1633