ホーム>日々思う処我に有り>武道>最近の小金井道場一般部
武道

最近の小金井道場一般部

2017123171442.jpg

 

最近の小金井道場は、年齢層が幅広いんです。

10代の子たちも頑張ってるし、昔からいる30代、40代はみんな強くなっていて後輩に指導してくれています。

そしてまた50代の人たちがこれまた稽古量が多くて、もう元気元気(笑)年の差倍以上でスパーリングとか本当によく見る光景です。

まあ他の道場を見てるわけじゃないのでわからないですけど、生涯武道というか地域に根付いた町道場として理想的な形になりつつあるなと思います。

2年ほどまえから開講している、MMAクラス、ブラジリアン柔術クラスも活気を帯びて来ていますし、何よりみんな礼節を持って仲良くできている。しかもみんな何年も継続していて、その上で向上心を持って取り組んでいる、、、こういう姿を見ていると、道場建てて本当に良かったなと。

たまに我を振り返って、この不安定な世の中で、しかも駅から離れた郊外で、おしゃれでライトな格闘技ジムではなく空手道場として、10年もやって来れたのはどうしてなのかなと、たまに自分なりの検証をしてみるんです。

一つは、禅道空手という独自のスタイルをもったコンテンツだということ、空手なのに投げ技、タックル、関節技、締め技、格闘技全ての技術が集約されている総合格闘技をアマチュア武道として突き詰めてやっている団体流派はそうはありません。私自身ももう空手を20年以上やっていますが未だに新しい発見があり毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

そして子供からシニアまでできる武道だということ、総合格闘技って一見危険な競技に見えると思うのですが、そこに武道の精神性が入ると決して危険な競技ではないんです。実際にみんな長く続けてられるということが何よりの証拠です。

またいろんなバックボーンがある人が入って来ます。それこそ古くからの格闘技ファンだったり極真ファンだったり、昔空手をやっていて一度辞めてしまってどうせやるなら総合格闘技をやってみたいとか、プロレス好きな人、それこそ最近のMMAにはまっていて、また単純に近所でダイエット目的でとか、ジムで体鍛えていて物足りなくなったとか、入会の目的はみんなバラバラなんです。でもそれを全て包括できるだけの魅力があるのだと思います。

そして道場生になぜか良い人が多いんです。

小金井市という地域柄なのか、空手道場という少し固いイメージがあるからなのか、輩みたいなのが全然いないという、、、、(笑)

そういう良い人たちに恵まれた、というのが一番大きいのかもしれませんね。

まあそんな中でも生ぬるくやってるわけではありません、やはりみんなそれぞれの目標を持って取り組める人たちばかりだからバランスの良い雰囲気が保たれています。

BLOGに何度も書いてますが、今年は10周年なんですね、だから私としてもここで満足せずにさらに進化させて行きたいなと考えています。

何かやってみようという人はぜひ一度足を運んでもらいたいです、そして禅道空手を体験してみてください、きっとハマりますよ。

そして共にまた新しい禅道会小金井道場の歴史を作っていく仲間になってもらえたらなと、、、、、、

押忍

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。
お問い合わせ
0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com
西川まで

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1638