ホーム>日々思う処我に有り>道場長日記>勇気って何??
道場長日記

勇気って何??

20172613455.jpegのサムネイル画像

先日書いたBLOGに、”勇気”については別の機会に書きますと、、、、

”禅道空手をやって得られるもの”

あくまでこれは私見なのですが、”勇気”って心とは別なものだと思うんです。

以前私の中国武術の師匠である江玉山先生が、RF武道空手道選手権大会で優勝した後、Facebookでこんなことを書いていました。

「マーシャルアーツで大切なものは1,Courage 2,Power 3,Technique だ」

パワーとテクニックはわかりますが、カウレッジって何だ?とGoogle翻訳を使って調べてみました。

Courage 勇気、度胸、勇、元気、力、胆力、、、、

目から鱗でした。以前から心技体という言葉にどこか、腑に落ちない点が全て繋がり頭の中に降りて来ました。

”勇気”と”心”は違うと、、、

勇気ってエネルギーのことなんです。

これも以前書きました”心技体→心気体”に繋がる話です。

”湧氣”

無心になった時、または熱心になった時に、湧いてくるエネルギーことなんです。

別に怪しいスピリチュアルな話でもなんでもありません。

考えてみてください、格闘技を始める時、久し振りに稽古に出る時、初めて試合に出る時、試合で相手に踏み込んで技を繰り出す時、思考を巡らせて考えれば考えるほど、動きが遅くなりませんか?

子供のころ大きな岩から川に飛び込むとき、異性に告白するとき、飛び込みで知らない会社に営業に行くとき、大きなビジネスの決断をするとき、ああでもないこうでもない思考していたら、足がすくんでしまいませんか?

「フーッ」と一息ついて集中して「シャー」と気合出して心を無くす、もしくは心を熱くする。

こういう経験ってみんな無いですか?

私は20代前半の時に、プーケットで60mの高さからバンジージャンプをしたんです。そのとき「絶対なんか考えたら飛べなくなる、無心だ、無心になるんだ!」って言い聞かせて飛びました。怖すぎて死ぬかと思いましたけど、それでどうにか飛べました(笑)

そう無心になったとき、もしくは熱心になったとき、初めて勇気が湧いてくるんです。

人は未来を考えた時、同時に過去記憶を呼び起こし失敗経験と比較してしまう、だから”今”に集中することが大事、、、、

最近流行しているマインドフルネスの定義、これも余計な雑念を捨て去ることの大切さを説いてるものですね。

この情報社会でありとあらゆる知識や情報が得られる社会だと、無心になる、熱心になって勇気を出すというのはとても難しいことなのかもしれません。若い頃は失敗を恐れずになんてよく言いますけど、今の若い子失敗大嫌いですもんね、時代が時代だから仕方ないのかもしれませんが、、、

しかし勇気なくして、勝利への道はありません。

勇気、行動するためのエネルギー、これを養うのに禅道空手って最適だと思うんですよ。

なんと言っても、アマチュア主体の武道で顔面パンチ有り、締め関節技有り、パウンド有りのルールで全日本大会やってるのうちだけですから。

今でこそMMAがメジャーになり、総合格闘技のハードルは低くなったかもしれませんが、それでも他の格闘技に比べて何でも有りの試合に出るというのはとても勇気のいることです。しかし稽古を積み、スーパーセーフを被った安全な新人ルールから段階を経て行くと、それが可能になるシステムが禅道空手にはあるんです。

実際に格闘技経験ゼロで40代から始めた六本木道場の西さんは、入会当初は移動稽古が終わっただけで死にそうになっていたのに、熱心に稽古に通い、試合や審査会に出続けて今じゃ茶帯。そして本来マスターズルールなのでパウンド無しにもかかわらず

「道場長、パウンド有りの試合がしてみたいです。」

と自ら申し出て、先日の関東大会で長年空手やキックをやってきた小金井道場の高松さんに果敢に苦手な打撃戦を挑み、好勝負を繰り広げました。

試合は判定で負けたかもしれませんが、その勇気はみんなに讃えられました。本人相当悔しがっていましたが、得られたものは相当大きかったはずです。

また「高松さんやらない?」って聞いて一言で「いいですよ、押忍」と言い勝利した高松さんの勇気も素晴らしかったです。よく一緒にお酒を飲んでますが、あの人は絶対何も考えてなかったはず、ミスター無心笑)

話を戻すと、じゃあ心はいらないのかってそんなことはありません。

その勇気をどこに向けるかというのを決めるのは心です。エネルギーコントロール管制センターが心なんです。

また自分を信じる心、自信が無ければ、無心になることはできないんです。不安があったら熱心にもなれません。

または気心知れた仲間と一緒なら、、、、

なんか禅問答みたいになって来ましたが、じゃあその自信をつけるためには、、、、、Power、Technique

その先は言わずもがなかと、またなんで”技体”の順番でなく”パワー、テクニック”なのか、機会があったら続きを書きます。

そして、このBlogやホームページを見て、入会を考えている方がいらっしゃるのでしたら、ぜひ無心になって”始める勇気”を出してみてください、熱心に見られている方はすでに勇気が湧いているはずです、あなたの勇気お待ちしております!

押忍

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。
お問い合わせ
0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com
西川まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1642