ホーム>日々思う処我に有り>2017年10月

2017年10月

第19回全日本RF武道空手道選手権大会、無事に終了いたしました。

20171026121025.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第19回全日本RF武道空手道選手権大会、今回実行委員長を務めさせていただき、無事に盛況の中終了することができました。
 
新しいルール、新しい階級、新人戦、アクセスルールの試合を入れるという試み、どうなることかと思っていましたが、好試合の連続で会場は盛り上がり、大会は大成功だったと思います。
 
これも全て、選手、関係者スタッフ、審判団、ご来賓のみなさま、広告、寄付をいただいた企業のみなさまのご協力のおかげです。
 
誠にありがとうございました。
 
拙い運営で、ご迷惑を多々おかけしたと思いますが、みなさまの暖かいご協力、そして何より選手の頑張りのおかげで良い大会となりまして、心より感謝をしております。
 
2014年、2015年と2回、FSA拳真舘様と共催という形の時に実行委員長はやらしてもらっていたのですが、今回全てを仕切る形で一から作り上げて行く作業は初めての経験で、あれはあれでそれこそとても大変だったのですが(笑)今回は別のプレッシャーがあり、どうにか形になり正直ホッとしているところです。
 
反省点は数え切れないほどあるのですが、そこはきちんとデータ化して、次回に繋いで行くつもりです。
 
そして今回、何よりも人を大切にすることがどれだけ重要なことか、ということに気がつけたのが一番の収穫でした。
 
膨大な事務作業を道場運営しながら一人でやるほどのキャパシティーは、残念ながら私は持ち合わせておりません。
 
しかし私の周りには、本当に快く協力してくださる方が沢山いて、その力がなければとても大会を成功に導くことはできませんでした。
 
また、沢山の禅道会支部、道場、そして他団体の先生方、先輩方が、普段の稽古から素晴らしい選手を育てていて、また選手一人一人が日々自己の鍛錬、技術研鑽を怠らずに積み上げてくれているからこそ、あれだけの素晴らしい試合を見せていただけでして、そういった一人一人の力が全て集結したからこその大会だったことを振り返り、やはり日々人を大切にするということに尽きるんです。
 
大会準備を始めてすぐの7月に椎間板ヘルニアに襲われて、寝たきりになり1ヶ月何もできなかったこと、9月になり順調に進んで来た時に衆議院解散総選挙が大会同日に決まり、会場が使えなくなりそうになったこと、ギリギリになって、選挙で体育館の机と椅子が当初の予定半分しか使えなくなったこと、そしてまさかのこの時期に台風直撃と、沢山のトラブルに見舞われたことも今となってはすでに笑い話にできているのも、その時その時で大勢の人が手を差し伸べてくれたからです。
 
もう書いても書いてもキリがないくらい、感謝の気持ちしか出てきません。
 
準備途中「もう来年はやりたくない」と正直思ったこともありましたが、これだけ沢山の人に協力していただいて、素晴らしい経験を積ませていただいたので、このご恩はさらに素晴らしい大会を開くことでしか返すことはできないのかなと、そしてすでに次回の構想が頭にボンボン浮かび上がって来ていまして、どうしたものかと(笑)
 
何はともあれ、大会を通じて、素晴らしい武道家が育ち、当初打ち立てたテーマである「未来の武道」に繋げて行くことに少しでも貢献できれば、幸いです。
 
その際はまたご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、みなさま何卒ご協力のほどをよろしくお願いいたします。
 
押忍
 
追伸
 
今回東京からは、RFアクセスルールで小金井道場井村遥太選手と、六本木道場の吉田浩選手が共に準優勝でした、おめでとうございます!
次回はRF本戦のチャンピオンを輩出したいなと、それを目標に稽古指導も変わらず頑張っていきます。
 
 
 
 
 
総合格闘技 空手道禅道会 小金井・小平・六本木・大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
また一般稽古の時間に来れない人のためにパーソナルトレーニング、プライベートレッスンも受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、芝浦、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

空手道より家庭道、、、、

 

ここ数年であきらかに道場の風景が変わって来た気がします。

昔から所属している人は、結婚をして子供ができて毎日のように道場に来ていた人も、稽古に来る回数は当然の減って来て週末に来る人が増えて来ています。なかには子供が3歳を過ぎ、親子で始める人も増えて来ました。

六本木道場麻布十番教室の一般部だと最近小山指導員や村上指導員が担当してくれるので、その間私が道場生の子供の託児サービスをやってたりします。

親子と言えば、少年部の送り迎えの保護者の方の男性率も増えて来ました。

とくに週末はお父さんの役目になっているところも多いのでしょうか?5年前とは全然割合が違います。

またこれは嬉しいことなのですが、中学生、高校生で部活動(部活道??)より道場通いを優先してくれる子供が増えて来ました。

学校の部活動への力の入れ方も一昔前とは違うのでしょう、また道場での活動でも例えば全日本大会で優勝したともなると、内申点が増えて受験に有利になったりするそうです。2点くらい増えるとか増えないとか、、、、

私も、ついつい自分の若い頃だったり、この10年間の経験値をものさしにしてしまいがちなのですが、ここ2〜3年間の時代の変化のスピードについて行くにはさすがにゼロベースで物事を考えていかないと、社会常識が違いすぎて取り残されてしまうことはあきらかです。

そういえば、以前

「いまどき道着の洗濯サービスとかレンタルサービスやってるところ多いんですよね、うちでもやろうかな??」

なんて軽い気持ちで口走ったら

「ぜひやってください、嫁に内緒で稽古に来ることもあるので、そのときは道着をこっそり自分で洗濯してるんですよ」

と聞いて

「えーーー、本当ですか??」

と驚いていたら、まわりの人たちがみんなわかるわかるとうなづいていて(笑)

たしかに奥さんからすると、自分が仕事も家事も子育てもしていて、旦那さんだけ趣味の世界に没頭してたら怒りますよね、いまどきは、、、

ですから、空手道を追求して黒帯を取るには、家庭道黒帯、せめて茶帯くらいにならないといけない時代なんですね。

ただ人生修行として考えると、空手黒帯よりもはるかに厳しい修行のような気が、、、、、

ちなみに現在朝の7:00、目の前で子供が朝食を取り、嫁がなんかぐちぐちなんか言っています。残念ながら私は家庭道は青帯くらいなので(苦笑)

そんな家庭道初級レベルでも、自分の好きな空手を継続する秘訣があるんです。

それは、、、、やっぱり親子で空手をやるということが一番だと思うんです。

子供の教育、自分の健康、そしてその間は奥さんが息抜きでき家庭が円満となり一石三鳥、審査会や大会に親子一緒で出場なんてことになるとその日のイベント感は二倍にも三倍にもなりますしね。

でもこれって実は10年前小金井に常設道場作ったときの最初のコンセプトの一つだったんです。

しかしその当時は、大人は大人の時間、子供は子供の時間と割り切っていた人が多くあまり受け入れられていませんでした、最初の5年間父子で空手やってたの二組だけでしたから、、、、(母子で空手が異常にたくさんいた時代もありました)

そう考えても時代はやはり変わって来ています。

過去の経験値に固着せず、常に現在を見つめていくというのは、本当に大切なことだなと、、、、

嫁の愚痴を聞き流しながら、この辺で終わりにします。

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・小平・六本木・大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
また一般稽古の時間に来れない人のためにパーソナルトレーニング、プライベートレッスンも受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、芝浦、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。