ホーム>日々思う処我に有り>ひきこもり家庭内暴力自立支援事業

ひきこもり家庭内暴力自立支援事業

事件はボラカイ島で起きている、、、、

昭島で仁心道場稽古会の後、その足で埼玉に向かい若者二人をピックアップ、羽田空港に向かいました。

行き先はディヤーナ国際学園のフィリピンボラカイ寮、今回は入寮を決意した生徒と現在私が在宅指導をしている生徒二人を引率してきました。

2015629132353.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近入会した人はディヤーナ国際学園のことも良く知らない人も多いと思いますが、前回行ったときのBlogに詳しく書いてありますのでこちらをご覧ください

アジア弾丸ツアー

前回と違い、今回はボラカイ寮一ケ所だけでしたので、現地の生徒も含めゆっくりと交流することができました。

午前中は空手の稽古、午後は世界一と称されるホワイトビーチや寮の目の前にあるタビサンビーチで遊び、夜はビールやジュースお菓子を買い込み、道場やリビングで語り合い、とても良い時間を過ごせました、、、、、

2015629132523.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015629132848.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015629132959.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015629133049.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と書くとまあ楽しい旅行記で終わるのですが、みんな心に傷を持ち一癖二癖ある個性的な若者が集まっているのですから、何も起きない訳がありません。

良い機会なので、あちらの寮では何が起きていたのか書いてみたいと思います。

 

まず事件は羽田に向かう途中で起きました。二人目の生徒を車で家に迎えに行ったら家にいないんです。

電話をしても(携帯不所持)繋がらず、おかしいと思って到着すると家はもぬけの殻、まあ当日になって気がかわり来なかったり、家出したりというのもよくあることでして、、、、、(笑)まあ仕方ないと一人を連れて羽田に向かっている途中で電話が鳴り、出てみると本人。

どうやらギリギリまであれも必要、これも必要と買い物に出かけていたらしく帰るのが遅れたとか、しかしフライトの時間は刻々と迫っています。

仕方無いとバックターン、そこから私の高速船ファルコン号(ハイエース)で首都高をワープ、どうにかチェックインの時間には間に合いました。

深夜便でマニラ、カティクランと飛行機、船を乗り継ぎ翌日昼前にようやく寮にたどり着きました。

飛行機や船の中では、二人とも楽しく談笑し良い雰囲気で寮まで来てみんなと一緒に昼食を取り、とりあえず第一ミッションは完了と仮眠を取り、夕食のときに再び事件は起きました。

今度はもう一人の生徒が、どこにも見当たらない、、、、

どうやら昼過ぎにふらっと散歩に出かけて帰って来ていないと、今までは家に引きこもっていて買い物もろくにしないようなおとなしい青年、しかも初めての海外です。迷子になったのか?それとも何かの事故に巻き込まれたのか??写真を拡大コピーして警察にも届け出て全員で島中捜索、しかしここの島夜は街灯もほとんどなく真っ暗で探しようがありません。

これは翌日明るくなってからが賢明だと、あきらめて寝ようかと思った深夜0時

「帰って来ました!!」

と別の生徒の声が、玄関に行くと本人が柵を乗り越えて入ろうとしていたところで(22時以降は鍵が閉まって入れません)ホッと一安心。

とりあえず何があったのか話を聞こうと部屋に戻ると、今まで見たことないような鬼の形相で

「僕はこんなところ最初から来たくなかったんだ、親の手前でそう言ってただけで、すぐにでも家に帰りたいんだ!!」

と興奮して話出しました。なんと船に乗りバスを乗り継ぎ空港まで一人で戻ったというのです。残念ながらチケットもパスポートもお金も無かったので未遂に終わりましたが、まだ諦めていない様子、しまいには寮長の神崎先生に掴みかかり大暴れ、、、、、どうにか取り押さえて落ち着かせ

「疲れてるだろうから今日は寝なさい、明日電話で親御さんと話し合ってあげるから」

ととりあえずその場を収めました。まあこれもよくあることなのですが、、、、(笑)

ふだんから自分の将来について不安感を持っているので、普通の人よりどうしても感情が浮き沈みしてしまうものです。とにかく心を落ち着けさせてあげようと、翌日、翌々日と、ホワイトビーチで泳いでヨットに乗ったり、タビサンビーチでシュノーケリングしたりとする中、大自然の力はやはり偉大ですね、ようやく心も緩んできたのか徐々に昔の話やいろいろなことを自己開示してくれるようになり、空手の稽古も自ら参加してくれて、最期の夜はみんなに謝ってくれてここでしばらく頑張ると宣言までしてくれました。

これでようやく私のミッションは終了、ホッとしたところ。しかしここで今度は自宅から電話がかかって来ます、、、、、

その話はまた別の機会に書くとして、、、、

今回あまり公にしなかった寮での生活をなんであえて書いたかと言うと、こういうことが日常茶飯事で起きている学園寮、24時間体制で指導をしているのは、禅道会の仲間、空手道を志す仲間なのです。

ボラカイでは、神崎先生、有賀先生二人が頑張ってくれています。他にもフィリピンカブヤオ寮、ラオス修練所、タイのバンコク寮とアジア各地で生徒たちと向き合って日夜頑張ってくれている先生たちが沢山います。みんなしかも決して高くはないお手当で過酷な条件の中(南の国なのにエアコンなんてどこにもありません)活動してくれています。

これをなんとか日本の道場生みんなで支援、応援することはできないでしょうか??

空手着もミットも毎日の稽古でボロボロ、ジョイントマットも3年間で塩やほこりをかぶってしまい、弾力がありません。何かを買おうにもAMAZONはフィリピンに無いので送料がとても高くなってしまう、また買ったとしても電圧が不安定な所で電気製品などはすぐに壊れてしまうそうです。こういった学園や施設というものはあらためて第三者の善意がなければ成り立たないものなのだと今回とても実感しました。

もちろん寄付金をもらえるのが一番良いのでしょうが、もっと手軽にできる物資を直接寮に送る支援などでしたら誰でも参加できるのではないでしょうか?

正直、引きこもりやニート不登校の支援とはあまり善意の寄付金が集まりづらい活動なんです。一般の働いている人からみれば、ただ甘えているだけだろうとか、こっちは必死に仕事をしているんだという意識になりがちです。同じ寄付をするなら、貧しい国で飢餓状態になっている子供たちや、戦争や災害で孤児になっている人たち、また最近では世の中を良くするため才能がある若者にクラウドファウンディングという寄付の仕方があったり、そちらの方に意識が集まるのは当然かもしれません。

しかし現場で空手道を通じて武道教育を実戦を通じて頑張っている仲間を、なんらかの形で支援、応援してあげるということならみんなで自立支援に意識を向けることは可能なのではないかと思うんです。

近いうちにとりまとめて、せめて東京からだけでもそういった活動をしていかなければならないと今回とても強く思いました。

その際にはぜひみなさんのお力を貸していただけたらと思います、押忍

PS

ボラカイ島って日本人には全く知られていないのですが、世界ではとても有名な所なんです。

世界一の島とかアジアで一番美しい海岸とか、、、、、海外旅行を考えている方は、ぜひ一度訪れてみてください癒されますよ!!

2014年アジアのベストビーチ!天国のような『ボラカイ島』の魅力

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
 

 

 

 

 

 

アジア弾丸ツアー

タイ空港.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月15日(土)~11月21日(金)まで、ディヤーナ国際学園の仕事で、フィリピンボラカイ島、タイのバンコク、フィリピンマニラと回って来ました。

このBlogではあまりディヤーナ国際学園のことを書いていないので、知らない方もいらっしゃるかとは思いますが、禅道会が母体となり引きこもりやニート家庭内暴力児等で悩んでいる青少年の自立支援施設を運営しています。私は一応副校長という役職をしておりまして、関東圏での相談窓口、引率業務、在宅指導などをしています。

ディヤーナ国際学園

現在フィリピンのカブヤオ市、ボラカイ島、タイのバンコク、ラオスのビエンチャン、そして長野県高森にそれぞれ寮と道場があり10名前後の生徒が、各寮で指導員の元で生活をしています。

フィリピン寮.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン道場.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ道場.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも私が相談や引率をした生徒が多数おり、久しぶりの再会はとても楽しみでした。

守秘義務がありここではあまり書けないのですが、とにかく日本で初めて会った時との違いにいつもびっくりさせられます。

家に引きこもり10年近くも口を聞かなかった子、向精神薬の多剤処方でジャンキーのようになり家中壊しまくった、引率寸前で家出してとんでもない所にいたのをネット上で発見して探偵と協力して捕獲した、引率前夜いっしょにホテルに泊まっていたら逃走され、一晩中探し回ったあげくチェックイン30分前に警察から連絡が入り補導、ギリギリで飛行機に乗った子、、、、、、もう数えきれないほどのとんでもないエピソードが沢山あり過ぎて、、、、(笑)

こんな子供たちが

「先生お久しぶりです!!」

と、日焼けしてたくましくなりさわやかな笑顔で挨拶をされると、一瞬誰かわからないんです。

「〇〇です!!」

と言われて

「おーーーー!!〇〇か、成長したなー、全然わからなかったよ」

と毎度驚かされるんです。

今回同行した青年も

「あの子たち何が問題なんですか?全然普通じゃないですか。」

というくらい、日本を離れて海外で武道をやりながら生活すると、みんな自信をつけて、元気がなかった子は活気に溢れ、また元気過ぎて暴れん坊だった子はきちんと敬語で話し気遣いなどができるようになります。

その度に今の日本社会や学校教育、家庭の歪みは、大きく青少年の成長を阻害しているのかもしれないと思うんです。

また各寮の先生方とゆっくりとアジアの情勢や武道談義、美しい自然や街の風景に私自身も心を洗わされ、負けずに成長していかなければいけないなと深く考えさせられました。

フィリピンツアー1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンツアー2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンツアー4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武道というものは、護身、戦闘技術、競技スポーツとしての側面と教育、精神修養というものが複雑に絡み合い、個人の心身の健康を取り戻し、社会還元していくものなんだとあらためて実感させられた旅でした。

そして道場の留守の間指導をかわってくれた先生方、ありがとうございました。

近い将来道場の指導員や道場生、ご父兄さんなどとみんなで、視察旅行や合宿なんかも良いかもしれませんね。

押忍

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで

 

 

皇居マラソンに参加

今週の土曜日このマラソン大会に参加することになりました。 http://koukyo.blogspot.com/ http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20090105/CK2009010502000091.html ひきこもりやニートに出張で空手を教えてる遠藤一さん主催のマラソン大会。 去年はスケジュールが合わなかったため参加できませんでしたが、 今年はお手伝いできればと、、、、、 まだまだ参加者募集しているみたいです。 興味のある方は是非一緒に走りましょう!! @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ こんにちは。 「レンタル空手家」といってひきこもりなど道場に行けない人に空手の出張稽古をする活動をしているものです。 http://forfuture.web.fc2.com/ お正月明けの1月10日(土)、みんなで皇居ランニングコースを走りませんか?(雨天→11日→17日に順延) 「走れひっきー!皇居マラソン2009」 http://koukyo.blogspot.com/ 5日付けの東京新聞にも載りました。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20090105/CK2009010502000091.html 基本的には、ひきこもりに家を出るきっかけや精神科通院者や運動不足の人に運動するきっかけにしてもらうためのものですが、そのためにも一緒に伴走してあげようという人も一緒に集まって、みんなで走ろうというものです。 大学生も、社会人も、ひっきーも、元ココロ系の人も、バリバリ元気な人も、おじさんも、おねーさんも、一緒に走りませんか? 一周は5キロほど。 競争じゃないし、歩いてもいい。 同性の二人一組(当日決定)で、一緒にゴールしてもらいます。 完走の喜びを一緒に味わいましょう。! 昨年も行い、関東を中心に遠くは近畿某県から20人ほどの人数があつまり全員完走しました。 何年も自室でひきこもっていた方から「走れなくて歩いてしまったけど、体を動かすのが気持ちいいと気づきました」という声が聞かれたり、このイベントを復職へのきっかけとされた方もいらっしゃいまいした。 運動不足、体力に自信がなくても全然OK! 2009年、みんなと一緒に健康な体を作るきっかけにしてほしいです。 ■日時 2009年 1月 10日(土) 14時半集合 雨天順延:11(日)※11のみ集合場所が変わります!!→17(土)→24(土) ■場所 JR神田駅南口集合 (その後、稲荷湯という銭湯に行き、荷物を預けて出発します) 11日(日)のみ、神保町A1出口近くの改札周辺集合 (銭湯が閉まっているので、ランナーズステーションhttp://www.runsta.jp/という場所に行って荷物を預けます) ■参加費 無料(銭湯代・450円) ■必要なもの ランニングシューズ(運動靴)、走れる服装、汗ふきタオル、(走り終わった後銭湯に入るので)体を拭くタオル ■1周/2周 今回は、1周コースと、2周コースに分けます。 体力に自信のある方は、2周コース(単に2周するだけですが・10km)にチャレンジしてみてください。※1周も2周も2人一組です。 ■雨天の場合、翌日の12(日)同時刻に順延です。当日10時ころ当ブログで告知の他、参加希望者には一斉メールを出します。 12も雨の場合は17(土)。以後順送りに土曜日です。 ■走る時は、二人一組になって走ってもらいます(出来るだけ同性どうし) 。途中お互いになにかあっても、もう一人が携帯で連絡できるので。 一緒にゴールしてください。 ■申し込み forfuture1979☆gmail.com(☆を@に変えてください) 参加する際のメールには、メルアドと、よかったら携帯番号も教えてもらえればと思います。 走る時、バラバラになるので、何かあった時にために連絡が取れるように。 申し込みお待ちしてます。 http://koukyo.blogspot.com/

昨日帰国しました、携帯忘れました。

昨日の夜、フィリピンから帰ってまいりました。 しかし無事にとは行かず、私としたことがフィリピン道場にうっかり携帯を忘れてきてしまいまして、、、、、 まあ幸いなことに木曜日まで滞在している道場生がいるので持って帰ってきてもらえるだけましかなと 前夜、あちらの日下道場長や向こうの生徒とフィリピン名物マタドール(フィリピンローカルのブランデー)の大瓶を丸々一本空けてしまいまして、強烈な二日酔いと共に帰国、そりゃ忘れ物もしてしまいますよね(涙) 昔は海外で物をなくしたとか、パスポートを忘れたとか言ってる人たちが信じられないと思っていたのですが、それって初心者のうちは緊張していて周到に準備するから忘れないだけなんですね。 慣れてくれば慣れてくるほど普段の生活のままで向こうに行ってしまうので気をつけていないと、今後もいろいろやらかしそうです。 以前韓国行ったときもデジカメ失くしてるし、、、、、 もちろん仕事はきっちりとこなしてきましたよ。 今回の旅もたくさんの収穫がありました。 まあ詳細は後日、携帯に入っている写真とともにアップしたいと思います。 ですので連絡はeメールで頂けると幸いです。 kyosuke526@jcom.home.ne.jp 何卒よろしくお願いいたします。