ホーム>日々思う処我に有り>ヨガ

ヨガ

8.21 ビジネスマン ヨガ&メディテーションクラス開講

201686112526.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から要望の多かった、ヨガクラス。今まではプライベートレッスンのみで指導しておりましたが、今回男性ビジネスマン向けのヨガ&メディテーションクラスを8月21日(日)より開講いたします。

現在女性に人気のスタジオ系のヨガではなく、伝統的なクンダリーニヨガ、ラジャヨガの技法を中心とした無敗脳ヨガの火の呼吸やボディワーク、メディテーション技法を中心に、心と体を調整し活力を満たす、ストレス社会で戦う男性ビジネスマン向けのクラスです。

自分自身の内面を見つめ、呼吸やボディワークに集中することにより脳の扁桃体を沈めるマインドフルネスの概念、Googleやintelといった海外の大企業でも取り入れられているヨガ&メディテーション、故スティーブジョブスも自宅にメディテーションルームを持っていたというくらい欧米ではビジネスマンの間では常識となっています。緊張に負けない脳を作り、ストレスから解放され、仕事の能率も上がり、アクティブなライフスタイルを構築したい方はぜひ参加してください。

また格闘家やアスリート、ミュージシャンやアーティストなどの方のパフォーマンスアップ、コンディショニングとしても最適で、格闘家のヒクソングレイシー選手や船木選手が火の呼吸をしているところや、サッカー日本代表の長友選手が、アスリート仲間を集めて”ヨガ友”活動をしているニュースは見たこともあるのではないでしょうか?

体の固い男性でも安心して取り組める無敗脳ヨガ、世界中にクンダリーニヨガを広めたヨギバジャン先生から日本人男性として初の講師資格を取得された辻良文先生からプライベートレッスンを2年以上受け指導者資格を取った西川が直接指導いたします。

ぜひこの機会にヨガ&メディテーションを学び、豊かなライフスタイルに役に立ててください。

 

ビジネスマン ヨガ&メディテーションクラス

毎週日曜日 9:30〜11:00(空手の大会時は休講)

予約制 10名限定 下記アドレスまでメールで予約

info@zendokai-tokyo.com

料金

一般 チケット1回分 5000円 10回分 45000円

(禅道会道場生、ご家族は一回分 3000円 10回分 27000円)

テキスト代 1,512円 (ヨガ×武道 究極のメンタルを作る)

講師 西川享助

20168611182.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

ヨガ×武道 究極のメンタルを作る、発売!

ついに発売となります。

”ヨガ×武道 究極のメンタルつくる”

2016625105610.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このBLOGを昔から読んでいる人は、わかると思いますが、思えば2年半前に辻先生が小金井道場にいらっしゃって脳波の実験をするのにヨガを学ぶようになったのがきっかけで、私の人生観はかなり変わりました。そこで生まれた熱は禅道会全体にまで渡って行き、今世にはびこっている健康目的だけのヨガではなく本来の修行としてのヨガを書籍として世に発表する形となったわけです。

今回の出版製作にあたり初期段階から関わらせていただいていたので、こうして形になると嬉しいものですね。

今回この企画で筆を取っていただいた、小沢先生、辻先生には本当に感謝しております。

こちらの本を読んでいただければわかると思うのですが、ヨガも武道も根幹の目指すべきところは一緒でいかに己を見つめるか?今この瞬間に集中するための業なわけです。

先日NHKでも放送された”マインドフルネス”の概念を伝統的なヨガ、武道、さらに科学的な検証も加えた3つの方向から解説が加わっています。

このことにより、人類最大の敵である”ストレス”とどう戦うか?どう向き合うか?ということを多角的に理解していただける一冊となっております。

すでにサッカーや格闘技、トップスポーツのアスリートは、メンタルトレーニングやコンディショニングにヨガを取り入れ始めています。

【身体を整える】長友佑都選手推奨の「ヨガ」

また世界的な大企業でもあるGoogleでも取り入れられているヨガ

シリコンバレーの企業も相次いで導入!? 「瞑想ヨガ」を体験!

マインドフルネスは世界的なムーブメントなわけで、女性が美しさを追求するボディーワークだけのものではありません、

むしろ仕事で忙しい男性ほど必要なものとなっています。

ぜひこの一冊を手に取ってそこを確認していただければと思います。

小金井道場でもまとめて購入するので予約ができます。

道場生でご購入希望の方は、

kyosukenishikawa@gmail.com

までメールをください

AMAZONからも購入できます

 

また、小金井道場では8月より”ヨガ×武道メディテーションクラス”を日曜日の午前9:30からスタートします。

この本をお読みになり、クラスで習ったヨガを家庭で実践することにより、武道格闘技の実力アップはもちろんのこと

オープンクラスにするので、どなたでも受講できます。

ビジネスマンとして一段上の仕事ができる集中力、体力を身につけたい方

ゴルフ、ダーツなどのメンタルスポーツでイップスなどの症状にお悩みの方

試合で負けないメンタルを身につけたいアスリートの方

本番で緊張せずに踊りたいダンサーの方

最高のパフォーマンスを手に入れたいミュージシャンの方

育児と仕事との両立でストレスが溜まっている女性

心と体の本当の意味での美しさを手に入れたい女性

あらゆる方に役に立つことと思います。

そちらの告知も近日させていただきますのでご期待いただければと思います。

まずはこの”ヨガ×武道 究極のメンタルを作る”ご一読ください!!

WEB秘伝 ”ヨガ×武道 究極のメンタルをつくる”

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

心技体→心気体

ここ一年半ほどクンダリーニヨガを続けていて、最近講師の資格も取ったという話はすでにご存じかと思うのですが、そんな中で私的な大発見がありました。「西川はついに変な宗教にはまったか??」なんて思われたくもないので書くのやめようかとも思ったのですが、今後の方向性にも大きく影響してくると思いますので綴ってみたいと思います。

この10年間、空手の指導やディヤーナ国際学園の相談業務で様々な人を見て来ました。そんな中でどうしてここまで人々の生活には差があるのだろう?幸福な人とそうでない人では何が違うのであろう?どうしたら空手を通じて人を元気にしたり幸せにしたりできるのであろう?ということをずっと考えて来ました。

もちろん大半の人が空手を通じて生きがいを見出したり、自分に自信が付き結婚したり就職できたり、一生涯の友達が作れたり、良いことの方が多いと思います。しかし実際に空手を経験した全ての人が強くなったり幸せになったわけではありません。中には離婚したり、病に伏して亡くなった先輩もいましたし、教え子だった指導員が突然自殺したりという悲しいこともあったり、、、、、、

この差はなんなんだろう?心が弱いから?幼少時の家庭環境??遺伝的要因???

その答えを探して心理学、脳機能学、運動生理学、そして武道や格闘技の研究、自分なりに追及してきた結果として、

「日々の稽古で”心技体”を磨いて、魂レベルの向上を図ること」が一番と思い稽古を続けて来ました。

しかし正直に書くとそれに確信は持てていませんでした、なんかピンと来ていなかったんですね。そんなときにふとした縁から辻先生に出会い、クンダリーニヨガ、無敗脳ヨガというものを学ぶことになったのです。

最初はメンタル向上のためとやっていたのですが、追及していくうちにプラーナやクンダリーニという気や生命エネルギーの存在を知り、そして少しずつですがその存在を体感できるようになってきました。

そんな時に、たまたまインターネットで鍼灸師の人が「最近の若い人は臍下丹田が弱いから鍼灸が効かなくなっている、年配の人の方が回復力がある」という記事を読み、そこで今まで頭の中でモヤモヤしていたものが一気に繋がりました。

そうそれが空手、武道の本来の目的、

「技を磨くことによって”心気体”のレベルアップを図り魂レベルの向上を図る」、ということだったのです。

「はーーーっ?気って何??」と思う人もいるかもしれません。

これ英語にするとわかりやすいんですよ。

”メンタル、エネルギー、フィジカル”

心が弱いからではなくて、エネルギーが足りてないから心と体が繋がっていない、思考と行動が一致しないということなんですね。

心という目に見えないものと、肉体という物質を繋ぐには”気”という生命エネルギーが必要なんです。

”心が弱い”ではなく、”気が弱い”なんです。

周りのひとを思い浮かべてください、やたらエネルギッシュでいつ寝てるのかわからないくらい行動的で頭はそんなに良くはないけど体力はある、知的でいろんなことに詳しいのに行動が伴っていない人、どちらが幸せそうですか??

もちろん幸せというのは人ぞれぞれ感じるものですから、違いはあります。

でも頭の中でいろんなことを想像していてもそれが叶わないより、考えることは単純だけどそれが実現していく人とではストレスの感じ方はかなりの差があります。

前者は”元気”になって行き、後者は”病気”になってしまいます。

そうなんです”気力”が無いといくらプランニングしても美しい心を持っていても病んでいってしまう、また体が健康でないと”気”が病んでいってしまうということなんです。

”元気”というのは文字通り元の気と書きます、いわゆる元々持っている生命エネルギーのこと、ヨガでいうとことのクンダリーニというやつです。これが活性化してる人とそうでない人とでは、人生に大きな差が出てしまうんです。

だからといってそのエネルギーばかりに意識を向けて、心が汚かったり(お金儲けだけに使ったり)、肉体を鍛えていないというのも論外です。

それはいわゆるオカルトな人ということになってしまいます。

心は清く正しく美しくするものなんです、そうでないとエネルギーが汚れてしまいエンジンがかからなくなってしまいます。決して鍛えて強くするというものではないということでもあるんです。

肉体は鍛えなきゃいけません、いくらエネルギーがあっても入れ物がすぐに壊れるようならすぐエネルギー不足になり、思考と行動は伴いません。

そしてエネルギーというものは充足させ、美しい心というフィルターで浄化し、頑丈な肉体という入れ物に満ち溢れさせるものなのです。

このエネルギーを充足させ、美しい心と強い肉体を手にいれる方法が、ヨガのエクササイズやメディテーションや呼吸法、そして空手の基本稽古移動稽古や型稽古、息吹という呼吸法であったり黙想であったりするということなんですね。

ちなみに対人稽古は諸刃の剣です。なぜならお互いのエネルギー交換なので良いエネルギーを持っていない人と行うと怪我をしたり、悪い影響もあったりします。マススパーで”気”が合わない人と当たると不快な気分になりますよね(苦笑)

まあだから礼法というものが大切になって来ますし、それも修行と考えることもできます。

当然黒帯レベルになればどんな人にも良いエネルギー与えられなければいけなません。

また試合もかなり諸刃の剣ですね、しかしお互い尊重し合って正々堂々と戦うという行為は高レベルなエネルギー交換ですから達成感という至福なエネルギーをもらえますし、それが観客がいるところで良い試合を行えば、会場が爆発するようなエネルギーが発生して周りにいる沢山の人が幸せな気分を味わえるでしょう。(気分って気を分けるって書きますね)

どうです?最初に書いた意味わかっていただけたでしょうか??

またエネルギーを充電するだけでしたら他にも沢山方法はあると思います、みなさん無意識で行っているはずです。

新鮮で美味しいものを食べる(食物からエネルギーはもらえます)、大好きな異性とデートする(エネルギーの交換です)、美しい自然があるところに旅行に行く(パワースポットなんて言葉がありますよね)、友人と酒を酌み交わし楽しい会話をする(良い酒にはエネルギーがあり良いエネルギーを持っている人と一緒にいるだけでも元気になります)、カラオケに行き歌を歌う(腹式呼吸、良い周波数にはエネルギーの浄化する力があります)、、、、そうストレスを解消するというのはエネルギーを充電する、逆に言えばエネルギーが満ち足りていたらストレスなんで感じないんですね。

こう考えると、心を病むというのは気力、エネルギーの不足から来るものだという仮説も今まで実証してきたのかなと、ディヤーナ国際学園で行っているように自然な豊かな環境に済む所を変えてあげて空手の稽古をすると元気になっていき、元気になれば心の問題も紐解けて行くというのはあらためて正しい方法なんです。

またどんなに仕事や勉強で疲れているとエネルギー不足になっているわけですから道場に行くのがおっくうになる、気持ちでは稽古したいのに足が向かない、、、、、誰にでもあることです。しかし道場という神聖な場所に来て、同じ志を持った人たちと稽古をすると帰るころには、すっかり元気になるというのも理に適っているわけです。

こうして”心気体”満ち足りた人間でしたら今度は他人にエネルギーをおすそ分けできる余裕が生まれます。

そうしたらぜひボランティア活動なんて良いのではないでしょうか?奉仕活動だけをして悟りを開く、カルマヨガというのもあるそうです。

またエネルギーというのは、人を引き付けます。いわゆる”人気”ですね、自分のエネルギーレベルが上がって行くと、同じように高エネルギーを持っている人と知り合う機会が増えて行く、いわゆる引き寄せの法則これは本当に実感しています。(ただし心が汚れているとエネルギーも汚れて行くので詐欺師みたいな人が寄ってきたりするんです)

この心気体とエネルギーの話まだまだいくらでも書けるのですが、キリが無いのでこの辺にしておきます。

もっと詳しく知りたいという方がいらしたらそれはぜひ、道場に来て空手をやるか、ヨガのプライベートレッスン受けてください、こちらもボチボチ生徒募集中です!!

ヨガにしろ空手にしろこう考えて行くと本当に奥深い一生をかけて追求するにふさわしいものだとあらためて感じております。

そしてそれを気づかせてくれた先生、先輩、そして道場生やディヤーナの生徒達には本当に感謝です。

そうエネルギーに満ち溢れてくると感謝の気持ちも沢山わいてくるんです、それって幸せの原点なのかなとも思います。

また”気”が向いたときにこんな話また書きます。

押忍

 

追伸

ちなみにヨガの教えや釈迦の教えでは、どんな不思議なエネルギーやパワーを手に入れても、暴力を振るってはいけない、決して人前で見せてはいけない、治療をしてもいけない、という決まりがあります。ようするに人を気で飛ばしたり、触らないで治したりというのはしてはいけない行為なんです、だから怪しく見える(笑)あくまで自分の魂の向上に使いその教えを人に伝えるため、もしくはそのエネルギー(元気)を人にお裾分けしてあげるために使わなきゃいけないんです。

私はあくまで怪しい路線には行かないのでご安心してください。

元気があればなんでもできる!!!

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ヨガ指導者合宿

3月24日(火)~3月27日(金)まで、与論島にて行われたヨガ指導者合宿に参加して来ました。

ヨガ与論島飛行機.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年の12月からニューロフィードバックという脳のトレーニングの研究介入に参加したときから、教わるようになったクンダリー二ヨガ。3か月の研究の時にそのとんでもないパワーを科学的な結果でまざまざと体感した私は、その後も辻先生のサイバーヨが研究所に通い、いずれ指導者になって、武道格闘技やスポーツ選手のメンタルトレーニングとして伝えていって欲しいと言われまして、指導者養成コースとしてとてつもなく奥深いクンダリー二ヨガ、ラージャヨガなどのスタジオ系ヨガとは一線を画したエクササイズ、呼吸法、メディテーションとあらゆる技法と理論を学んで来ました。

そして今回、今まで学んだことの総決算として、私同様に指導者として巣立って行く、ライフカウンセラーの時任千佳さん、そして不思議なご縁で繋がった仲間ともに、与論島で集中講座を開いていただいたのでした。

ヨガ与論島3ショット.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガ与論島全員写真.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着した日から4日間で計20時間、美しい海を眺めるのは昼食のときくらい、もうひたすらヨガ漬けの日々ずっと半胡座で呼吸法やメディテーションをしていたので足首から膝までの外側が筋肉痛になるという、しかしおかげさまでより深く鮮明にこのヨガを理解することができ、晴れて指導者としてデヴューすることを許されました。

ヨガ与論島2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後どういう形で普及して行くかは、まだ検討中ですが、あくまで本分である空手指導、引きこもりの相談業務をパワーアップさせるというのがまず第一で、合間を縫ってセミナーを開いたりパーソナル指導をして行きながら自分自身の修行を継続して行くというのが良いと思っています。

セミナーを開催するときは、こちらで告知させていただきますのでご興味がある方はよろしくお願いいたします。

しかし空手家がなんでヨガなのか?という疑問を抱く人もいるでしょう、こればかりは体感していただかないと伝わりづらいかもしれませんが、4500年前にインドで生まれたヨガ、かのお釈迦様も4人の師匠からヨガを学び、最終的には悟りを開かれたのだそうです。そしてお弟子さんが仏教を広めるときに山賊に襲われても良いようにと武術を学びそれを中国に伝えたのが、空手の源流となる中国拳法、そうルーツは全てインドにあるのです。より空手、武道というものを理解するのにインド文化というものは私からすると外れるものではなかったのです。

空手にしろヨガにしろ、自分自身を見つめ心技体を鍛えるツールだということに変わりはありません、これによりさらに強い空手家の育成も可能となりますし、また今まで空手ではアプローチできなかった人たちとのご縁も繋がっていくことになるはずです。

今回、時任千佳さんというとてつもなくパワフルな方と出会えたのもヨガを通じたご縁、そして何より辻先生という素晴らしい指導者からヨガを学べたということ自体がとてつもなく奇跡的なことなんだと思います。

あらためて感謝するとともに、この喜びをみなさんにおすそ分けできたら良いなと、

そして多くの人に禅道空手と共に、この素晴らしい地球の智慧である”クンダリー二ヨガ”を学んでいただき自分自身をアップデート

してもらえればと思います。

押忍

PS

辻先生、時任千佳さんのBlogにも合宿のときの様子が掲載されています

無敗脳ヨガBlog

CHIKA TOKITO BLOG

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
 

空手とヨガ3 心技体

DEEP65.jpg

 

空手とヨガ2で書きましたが、先日ディファ有明でDEEP INPACT 65 という格闘技の大会が行われ、小金井道場の藤澤指導員、また同じ禅道会の三浦康彰師範代、LUIZ師範代の試合が行われました。

今回の大会、藤澤指導員は、「ヨガ・ニューロフィードバック・バイオフィードバックによるピークパフォーマンス研究」という最新のメンタルトレーニングを4か月続けて来てその成果がどこまで出るのか?というテーマがありました。

結果からすると試合は3分55秒マウントパンチ連打によるTKO勝ちで見事研究、トレーニングの成果を出してくれました。

試合が終わりバックステージに戻ったら笑顔で開口一番

「今までと感覚が全然違いました、心が重くないというか、集中できました。」

と、もうこの言葉が全てを語っていたと思います。

内容も作戦通り、得意な組技に特化して、きちんとテイクダウンして上になりパウンドで削って極めるというものだったのですが、とにかく冷静に自分の間合いで試合を運び、確実に相手を捕まえてテイクダウン、絡む足を裁きマウント、バランスを崩さないよう、コツコツとパウンドを当てて行く。

ポジションを取ったのが、ちょうど私のセコンド側コーナーで目の前だったのですが、顔色一つ変えずにコツコツと確実に相手の顎を狙いパウンドや肘を落として行く姿は往年のヒクソングレイシーのようでした。

今までのプロの試合はほとんどセコンドについていますが、ここまで冷静な姿は見たことありません。

もちろんメンタルトレーニングだけではありません、当然毎日の稽古の賜物なのですが、トレーニングによりその成果を120%出せた、積み重ねて来たものを開花させたというのが本当のところだと思います。

「メンタルトレーニングというものは、試合寸前だけ良いイメージをしたり、集中したりしても全く意味の無いものです。筋力トレーニングと同じように何か月もかけてきちんと作りこみ、前日や当日は何もしないで臨むものなんです。」

とは今回の研究を始めたときに辻先生がおっしゃっていたことです。

試合前日にバーベル上げたって、筋肉痛になってパフォーマンスは落ちてしまいますよね?

心のトレーニングも全く一緒なんです。

”心技体”

以前までは,心を鍛えるにも”体”から入る、技術トレーニングやフィジカルトレーニング、さらに試合で心も鍛える、それが稽古というものではないかと考えていたこともありましたが、今回の研究で完全にそれは間違いである、むしろ怪我やモチベーションの低下を呼んでしまうということを確信しました。これはオリンピック競技などでももう証明されています。

これで心を鍛えられる人は、元々メンタルの強い人間だけなんです、心まで鍛えようと練習時間を長くしたり高強度なものばかりやれば、体が壊れてしまいます。(いわゆる根性論)

ではどういう風にするかというと、心技体この3つを分けて短時間で鍛える、しかし一つのことをやることによって副次効果で他の二つも鍛えれるトレーニングをチョイスし3つのトレーニングを”繋ぐ”ということが効率的なのではないでしょうか?

どういうことかというと、例えば”体”、ボディービルのように器具を使い、部位を細かく分けて筋繊維を太くしてマッチョにするようなトレーニングをすると、筋肉の連動が失われスピードが落ちたりやインナーマッスルとのバランスを崩すので”技”に悪影響を及ぼしてしまったり、膝や腰などの怪我にも繋がってしまいます。しかし、自分自身の肉体を見つめることにより集中力が増したり肉体に自信を持つことにより実は副次的にメンタルは強くなります。

むしろ同じ器具を使うトレーニングなら、ウエイトリフティングやケトルベル、またそれらを使ったクロスフィットトレーニングのように全身の連動を使って鍛える方法なら、副次的に技術レベルもアップしまたある程度重いものをフォーム重視で集中するため、メンタルも鍛えられます。

メンタルトレーニング、カウンセリングなどでは副次的に競技力や体力なんてアップしないですよね(笑)

やはり体から入るクンダリー二ヨガやラジャヨガのように、身体に刺激を与え、呼吸法を重視しながら瞑想状態を作るものなら、身体操作も上手くなり技術レベルが副次的に上がり、また心肺機能や柔軟性という”体”の部分も鍛えられます。

では技術トレーニングでは???

これは格闘技や武道でしたら、今まで通りでとくに問題はありません。

特に武道稽古などではこの副次効果を重視しているといっても過言ではないかもしれません。

スパーリングしたり、基本稽古や技の打ち込みなどしていれば、副次的に体力は向上し、相手と対することや、形稽古などで内観意識を高めればメンタルは鍛えられて行きます。

しいては言うならもっと技術の部分に特化して時間を短縮することによって怪我の確率もへるかもしれませんね。

このように”心技体”の三つのトレーニングを上手に繋ぐことにより、競技パフォーマンスは上がり、それこそ魂レベルの向上も図れるものだと思うのです。

もちろんこれは今回のようなプロ選手や武道家などがさらに強くなるためにということなので、一般の人は武道稽古で十分だと思います。

前記したように、きちんと意識を持って行えば、稽古というものはメンタルもフィジカルも鍛えられるようになっていますから。

そういえば”ヨーガ”って繋ぐって意味なんですよね、、、、、

今回の研究に参加したことにより、本当にいろんなことが繋がりました。

今週トレーニングの成果を最初と同じようにQEEGという脳波計測とTOVAというテストで計ります。

どんな結果が生まれるのかこれも楽しみです。

また今回の試合後のインタヴューも混ぜて、以前取材していただいた月刊秘伝の記事も来月号に掲載されます。

ぜひ読んでみてください。

PS

三浦康彰師範代は1R1分55秒 三角締めによる一本勝ちだったのですが、じつは2月の指導者合宿で辻先生に教わった”火の呼吸”をずっと続けていたそうです。最初テイクダウンされたものの、慌てず冷静に下から技をしかけて見事に極めていました。もちろん普段の稽古の賜物だと思いますが、呼吸法だけでもかなり脳内に変化があったのではないかと、、、、、

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで

空手とヨガ2 馬車の話

以前Blogでも書いた、ニューロフィードバックバイオフィードバック、ヨガによるピークパフォーマンス研究を始めてから3か月が経ちました。

こちらから

毎日伝統ヨガの呼吸法や坐法を続けながら週に2回ニューロフィードバック、バイオフィードバックのトレーニングを受け競技時のメンタルを強化する。

3か月たった今私自身はかなりの効果を感じています。

一番の収穫は変性意識状態、いわゆるゾーン状態という脳の状態を自分自身で知覚できるようになったことです。

”今、ここに集中する”このことによって、余計な情報や自動思考(勝手に浮かんでくる思考)を消し去り、静かに覚醒している感覚になって行きます。この状態に常に試合中や稽古中に入れる人が、所謂”メンタルが強い人”と言われる人です。

実際冬季オリンピックを見ていて、わかりやすい例が沢山ありましたね。

フィギアスケートの浅田真央選手の最後の演技などは、前日の失敗で開き直りメダルを摂るとか周りの雑音が全てなくなったことにより、のびのびと競技に集中できたのでしょう。素人目で見てもわかるくらい素晴らしい演技でした。

海外のアスリートはそのようなメンタル状態を作るために、科学的なメンタルトレーニングを国家レベルで取り組んでいます。それを今回体験させてもらえているわけですから本当にありがたいことです。

またそんな中で、偶然にも”ヨガ”と出会えたというのは私にとって一番の収穫でした。

”ヨガ”と聞くと、一般的には駅前とかにあるホットヨガスタジオだったりいわゆるフィットネス感覚で女性がやるもの、またかつて日本中を恐怖に陥れた”オウム真理教”がヨガ団体から派生したとかそんなイメージでしょうか?私もそんなイメージしかありませんでしたが、どこか気になっていて体験してみたいなという気持ちは以前から持っていました。

それを実際に体験してみて、私の想像をはるかに超えたものであったと同時に、武道を含む日本の文化、東洋文化のルーツというのは全てここにあると認めざるおえないものでした。

私が一番衝撃を受けたのは下記の図です。

ヨガ馬車.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これば”ヨガ”というもの、人間というもの全てを表しているのだそうです。

10頭の馬が馬車をひいています。

10頭の馬というのは人間の感覚器官を意味します。

5つの知覚器官(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)と5つの運動期間(手・足・生殖器・排せつ器官・発語器官)となります。

そしてそれを引いているのは”心”手綱は心が意思を伝えるもので、馬車自体は人間の肉体です。

そしてその中にいるのが”魂”、真我とか霊性などとも言います。この心と魂の関係を心理学的に言う有意識と無意識、顕在意識と潜在意識と捉えた方がわかりやすいでしょうか?

辻先生曰く、現代人というのは、この馬が勝手に暴れまわっている状態なのだそうです。

心がいくら手綱を引いても言うことを聞いてくれません。

また馬車(肉体)のメンテナンスもできていないので、当然うまく走れません。

そりゃ病気にもなるし、社会が混乱するのも当然です。

まずは馬車をメンテナンスして、馬たちを鎮めて、馬車を引く運転技術を向上させる、それによりようやく”魂”を目的地に運ぶことができる、もしくは魂の声を聴いて心が正しい目的地に運んで行く。

心身一如、心と体の繋がりを良くすることによって、魂の向上を目指すといったところでしょうか?

これは全てのことに共通する真理であり、武道本来の目的もここにあるのではないかとさえ思うのです。

そしてその感覚を理だけではなく、実際に体感するメソッドがヨガだったり、ニューロフィードバックやバイオフィードバックなどの科学的なトレーニングだったりするわけです。

こんな智慧を日本ができる1000年以上前、フロイトが無意識を発見する数千年前から体系づけられていて文書にも残っているというのは、本当に凄いことだと思いますし、それを利用しない手はありません。

武道とは何ぞや?ということをさらに深く紐解く意味でも、もっと研究して行きたいです。

またそこで気づいたことなどBlogに綴っていこうと思います。

PS

同じく指導を受けている藤澤指導員の試合が3月22日(土)ディファ有明で行われます。

今回のトレーニングでどこまで進化しているのか、ぜひみなさん応援にいらっしゃってください。

また今回の様子は来月発売の月刊秘伝誌で取り上げられます、こちらもよろしくお願いいたします。

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで

空手と禅、空手とヨガ

先日長野県上田市にて、禅道会の指導者合宿がありました。
 
今年はフィジカルトレーニングの講義を担当ということもあり初日に参加させてもらったのですが、その前に小沢先生の座学の講義がありました。
 
禅道会の技術の根幹となっている基礎的なもので、私の入門当初は関東でもよく技術講習会で指導していただいて感銘を受けたものです。
 
久しぶりに聞いて、きちんと理解できているところや、また忘れていたところもあり、三段受験の前にはこの座学講習をできるようにならなくてはいけないので、とても良い復習ができたと思います。
 
その中で”一人稽古と対人稽古”の関係性の下りの部分で、現在指導を受けているクンダリー二ヨガ、また団体名の元になっている”禅”というものとの共通項や関係性で思うところがあり、備忘録も兼ねてつづっておきたいと思います。
 
禅道会の打撃稽古では、”一人稽古”所謂礼法から始まり、ストレッチ、基本稽古、移動稽古、など重要視し稽古の7割の時間をそこに割きます。
 
これは他者や、ミットサンドバックなどの物質などからの情報に左右されずに、決まった動作、形を繰り返し行うことで、限りなく自分の”癖”を抑制し自分自身を内観することで身体操作、体バランスや呼吸法を磨くことにより、筋力に頼らず威力のある技術を身に付け、それを打撃、組技関係なく対人稽古に応用させていくという考え方からです。
 
その過程に置き、自分自身の内観の重要性が東洋思想の”禅”に近いということから”禅道会”という団体名になっています。
 
一方でクンダリー二ヨガでは、火の呼吸を基本として様々なポーズで身体に刺激やストレスを与えながら呼吸に集中する瞑想訓練?をしていき自分自身のエネルギーを高めていきます。
 
元々ヨガは禅の元になっているものですから瞑想という部分では一緒なのですが、臍下丹田やチャクラを意識するメソッドのエクササイズの方法が多種多様にあり、日本の”禅”のように”只管打坐”ただひたすら座ることにより悟りを開くというのとはかなり違います。
 
しかも本来ならばヒマラヤの山奥という厳しい自然状況の中で、寒さや強風、酸素不足という、とてつもない外部ストレスを受けながら呼吸やポーズ、エクササイズ(あまりこの言い方は好きではないですが、他に例える言葉が思い浮かびません)をするわけです。
 
早朝のお寺のように清潔で整い集中しやすい状況で座って内観するのとは、かなり意味合いが違います。
 
話を一人稽古、対人稽古という話に戻すと、極端に言ってしまえば、道場で一人稽古というものを”禅”と考えると、実は伝統的なヨガというのは、情報やストレスを受けながらする対人稽古に近いものなんですね。
 
そう考えると対人稽古や試合というのは、相手からプレッシャーや攻撃というストレスをかけられている状態でも自分自身を内観し”今、ここに集中する訓練、行だと考えると非常に腑に落ちていきます。
 
さらに突き詰めて行くと、相手というものも自分というものも、自然の一部、大宇宙の一部、そこと一体化することにより相手をコントロールしたり無力化させてしまうという、植芝盛平先生の説く”合気”の思想というものにも通じて行くのかなと、、、、
 
まあ残念ながら私はそんな域は達していません。
 
ただ今まで20年ほど武道、格闘技というものをやってきたことの意味づけというものがようやく少しずつ理解できるようになってきたのかなと思えるようになって来ました。
 
私も今年で42歳、これからは否が応でも格闘能力や身体能力というものは衰えていくでしょう。
 
しかしそこが衰えていけば衰えていくほど、対人稽古や試合、肉体鍛錬というものが、効率の良い修行となっていくということでもあるのです。
 
結果そこに何が得られて行くのか?得られたものをどう活かしていくのか??
 
つまるところ、心と体と技を練って磨いて、魂のレベルを上げて行く。
 
話が大きくなっていってしまいましたが、世の中どんどんおかしくなっていってますからね、そこに左右されないためにも武道修行だけは続けて行きたいなと思います。
 
押忍
 
 
 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も受け付けております。小金井市、小平市、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まいまたは在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃってください。

お問い合わせ

0423804367                                                   info@zendokai-tokyo.com

西川まで