ホーム>日々思う処我に有り>未分類>GLADHIATOR17
未分類

GLADHIATOR17

IMG_5414 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110418-00000013-spnavi-fight.html 日曜日、松本市で行われたGLADHATOR17に小金井道場の藤澤優作のセコンドで行ってきました。 藤澤優作は、元々松本支部出身で、東京に来て1年。 東京での稽古の成果を地元でお披露目できるなんて、なかなかない良い機会ですよね。 試合結果は判定3-0での勝利、途中一本取れそうな場面を何回か逃したり、テイクダウンを取られたりと課題はたくさんありますが、順調に実力を伸ばしてきてるなという感じです。 5月7日から始まる、団体対抗リーグ戦JMLにも出場します。 今年はぜひ飛躍の年にしてもらいたいです。 また本部から中島裕、諏訪支部から久保輝彦も出場しました。 中島裕は1Rテイクダウンで圧倒し優位に試合を進めていたものの、終了間際のパンチが効いてしまい2Rに入ってからパウンドを連打されてTKO負け、ほろ苦いリングデヴュー戦となってしまいました。 久保輝彦は、貫録の1R1分5秒腕ひしぎ逆十字固めでの一本勝ち。強かったですねえ~。プロデヴューしてからかなり経つのですが、ますます実力に磨きをかけているといった感じです。 昨年は何試合か流れてしまって、思うように試合できなかったのですが、今年はガンガン試合組んで活躍してもらいましょう。 大会の印象とすると、第一部は今流行の不良系アマチュア大会、第二部は総合あり、キックあり、プロレス有りとバラエティーに富んだ大会で見ていても飽きずに楽しめました。 個人的には、小林聡選手のエキシビジョンが一番印象に残ったかな?とても引退した選手とは思えない動きで今のガチで入れたんじゃないの?というくらい濃い内容の試合でした。 やっぱり一時代をきちんと築いた選手は違いますね。 なにはともあれ、震災後のモヤモヤした気持ちを一日忘れられて気持ち良く帰路に辿りつけました。 次は22日の金曜日、DEEP後楽園大会で横浜支部のLUIZと北埼鎮が戦います。ぜひ会場に行って応援してあげてください。チケットは私に言ってくだされば手配します。 格闘技生観戦、いいですよ。嫌なことを忘れる時間、たまには必要です。 押忍 追伸 今回第二部が始まる前に、スペシャルゲストとしてかつてビーバップハイスクールで一世風靡した清水宏次朗の生LIVEがありました。 いやあ懐かしかったですね、中学生のときにヒロシモデルの4つボタン短ランとボンタン履いていったらすぐに先生に取り上げられたことを思い出してしまいました(笑) その後買った、トオルモデルは平気だったんだけどなあ、、、、、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/590

コメントする