スタッフ紹介

西川享助 支部長

西川享助 道場長

1972年東京都小金井市にて生まれる、小学生の時にブルースリーやジャッキーチェンに憧れて空手道場に入門しようとしたが、古武道家の父親に反対されできなかった。中学3年生まで野球、サッカー、陸上競技、バレーボールなどスポーツに勤しむ。しかしリングスやK-1などのプロ格闘技を見て幼いころの気持ちが蘇り格闘技への夢が捨てきれず、22歳で正道会館東京本部に入門、フルコンタクト空手、K-1ルールを学ぶ。空手をやっている経歴から用心棒代わりにと、六本木の外人BARで働くようになるが、毎晩酔って暴れる外国人を制しながら、実戦の場では組技技術も合わせた総合格闘技の必要性を痛感し、禅道会小金井道場に入門。自らの稽古量を増やすためにと、2004年4月六本木同好会を発足、前小金井道場長が体調を崩したため茶帯昇格とともに小金井道場でも代表となり、六本木道場、小金井道場と共に道場長に任命される。

2006年6月初段取得、自分以外の指導者も育てて行かなければと、2007年1月に小金井市に常設道場を開設。2009〜2012年 全日本RF武道空手道選手権81kg以下 級無差別級優勝、2010年二段取得。全日本チャンピオン、プロ選手を多数輩出させた指導者であるとともに、空手道禅道会の理念でもある生涯武道を体現すべく日々の稽古に現在も励んでいる。

2013年アスリートの脳波研究で知り合ったサイバーヨガ研究所の辻良文先生よりクンダリーニヨガ、ラジャヨガなどの伝統ヨガの技法を学びクンダリーニヨガ指導士を取得、また2015年台湾の玉山武館館長江玉山師父より詠春拳、南派少林拳の指導を受け、以降毎年空手道のルーツ真髄を極めるべく中国武術も修行中

2018年 長年の道場長としての活動を認められ、本部直轄道場から禅道会東京支部とし独立、支部長となる


ひきこもり不登校家庭内暴力自立支援施設ディヤーナ国際学園 副校長、小金井市青少年健全育成委員会中央地区委員として教育者としての活動、小金井市消防団で地域防災活動にも力を入れている。(有)ファイティングワールド 代表取締役プロ格闘技選手のマネージメント、及びイベント企画運営も手掛けている。


担当 小金井道場・六本木道場

所属総本部
段級二段
身長192cm
体重84kg
生年月日1972年5月26日
格闘暦空手歴25年
格闘暦2005 リアルファイティング空手道選手権予戦-82.5kg 準優勝
2005 全日本リアルファイティング空手道選手権ー82.5kg以下級ベスト4
2009 全日本リアルファイティング空手道選手権マスターズ-81kg以下級優勝
2010 全日本リアルファイティング空手道選手権マスターズ無差別級優勝
2011 全日本リアルファイティング空手道選手権マスターズ81kg以下級優勝
2012 全日本RF武道空手道選手権予選 81kg以下級優勝
2012 全日本RF武道空手道選手権青年の部81以下級ベスト4
矢島雄一朗 道場長

元プロ格闘家、主にパンクラスで活動。

リングネームは 松永”チャイルド”義弘。

小さい体からパワフルな打撃を繰り出す。

現在は後進の指導にあたっている。

担当 新宿道場

所属禅道会新宿道場
段級初段
身長153cm
体重53kg
生年月日1985年8月16日
主な成績プロ戦績8勝12敗3分け
2017年 全日本リアルファイティング空手道選手権 55㎏級優勝

藤澤優作 指導員

藤澤優作 指導員

高校一年のときに空手道禅道会松本支部に入門、鍼灸師専門学校卒業とともに上京、空手道禅道会小金井道場所属となる。

類稀な寝技のセンスを持ち、小金井道場に移籍してからは打撃も強化2011年全日本リアルファイティング空手道選手権大会では惜しくも準優勝となるが成長ぶりを示した。MMAの試合にも果敢 に挑戦して勝星を重ねている。

指導者としても小金井道場一般部、大久保道場少年部を担当、丁寧で物腰柔 らかい指導で道場生の信頼も厚い。また鍼灸師として身体を痛めた道場生のケアにもあたっている。

所属小金井道場
段級初段
身長177cm
体重75kg
生年月日1988年4月12日
空手7年
柔道3年
主な成績2008 2010 2011 リアルファイティング全日本予選-73キロ級 優勝
2011 全日本リアルファイティング空手道選手権-73キロ級 準優勝
中部地区グラウンド戦優勝 4回
関東地区グラウンド戦優勝
2004 全日本リアルファイティングアクセス高校生の部 優勝
2007 茶帯トーナメント重量級の部優勝
DEEPフューチャーキングトーナメントライト級ベスト4
パンンクラス柔術カップ ノーギアダルトエキスパートヘビー級優勝

工藤修久 指導員

諏訪康浩 準指導員

プロ格闘家、現在、パンクラスで活動中。26歳より格闘技を始めて40代半なかばでも元気に活動中。

2013年より小金井道場に移籍。禅道会の大会にも積極的に出場して勝利を収めている。

担当 小金井道場 ブラジリアン柔術クラス

所属小金井道場
段級初段
身長168cm
体重70kg
生年月日1975年3月22日
格闘歴空手6年
ブラジリアン柔術黒帯
柔道初段
サンボ三段
主な成績プロ戦績9勝8敗2分け
2014年 全日本リアルファイティング空手道選手権 66㎏級優勝
2018年 全日本リアルファイティング空手道選手権 66㎏級優勝

岩崎紀夫 指導員

小山純 準指導員


担当 小金井道場

所属小金井道場
段級初段
身長162cm
体重68kg
生年月日1975年8月1日
格闘歴ボクシング3年 日本拳法1年 禅道会10年
主な成績禅道会大会優勝2回、準優勝5回              

小山純 指導員

小山純 準指導員

2009年に禅道会入門。現在まで、仕事と両立して稽古を続ける。試合中のアクシデントで選手生命に関わる負傷を負うも、不屈の精神と地道なリハビリで競技復帰、2013年に昇段を果たす。継続的に知識のアップデートをしつつ、社会人経験を生かした効率的な稽古により、ビジネスマンの「週末格闘技」を実践している。

担当 六本木道場

所属禅道会六本木道場
段級初段
身長175cm
体重73kg
生年月日1977年5月30日
格闘歴空手歴13年(うち禅道会10年)
柔道初段
柔術茶帯
合気道6年
KRAV MAGA1年
主な成績2011 全日本リアルファイティング空手道選手権予選-73kg級 Bブロック優勝
        全日本リアルファイティング空手道選手権-73kg級ベスト4
2012 ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会青帯 マスタークラス 無差別 級3位
2013 茶帯トーナメント優勝
        関東地区RF柔術大会優勝 2回