ホーム>日々思う処我に有り>中国武術の達人が、小金井道場にやってきたパート1
日々思う処我に有り

中国武術の達人が、小金井道場にやってきたパート1

この一ヶ月ほどほど素晴らしい出会い出来事が多すぎて、BLOGが追いついて行きません(苦笑)記憶と熱があるうちに記録しておこうと思うのですが、内容が濃すぎて私の文章能力がついていけるかどうか、、、、できうるかぎりシンプルに記してみたいと思います。

 

話は遡り10月初旬、とあるfacebookで交流している台湾の武術家の方から英語で一本のメッセージが届きました。

「こんにちは西川先生、あなたは巻藁がどこで手に入るかご存知ですか?台湾の物はクオリティーが低くもう2つも壊してしまいました」

日本の文化に興味を持っていただけるのは喜ばしいことです。実は私部位鍛錬には全く興味が無かったのですが、淡々と痛みを伴いながら部位鍛錬をするというのは、禅やヨガに通ずるマインドフルネス、集中力を高め精神を向上させるのに役に立つのではと調べ始めていたところだったのです。

そこで私の拙い英語とGoogl翻訳の力を借りて、ネット上の資料や作成の仕方の動画などを送ってあげたところ大変喜んでいただいたようでこんな衝撃的な写真を送っていただけました。

 

2015115135137.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鉄砂掌????」

「そうだ、これには大切な5つのポイントがある。特に医学的なことを学ばないと自己流ではとても危険だ、、、、」

私、恥ずかしかったのであまり公にはしてなかったのですが、小学生の頃ジャッキーチェンやブルースリーに憧れて中国武術を習いたいと道場を探したりしていました。しかし当時日本で学べるところは数が少なく、当然近所にはありません、そこで中国武術に関する書籍や雑誌(武術”うーしゅう”、知ってる人いますか?)を片っ端から買い集めて独学でこっそり人目のつかない早朝起きて公園で練習したりしていたのです。今考えれば興味あることはどんどん本を買い漁る癖はこの頃からありましたね(笑)その中でも、ものすごいインパクトのあるマニアック本が一冊ありまして、これは本物なんじゃないかと胸をときめかせたのが「鉄砂掌」という一冊の本でした。

調べ直したらこんなBLOGも見つかりました、今じゃプレミアついているそうです。

中国拳法秘伝必殺 鉄砂掌 龍清剛という神話(この BLOG、武道に興味無い人も笑えると思いますよ、必読!!)

鉄の砂が入った袋を脱力してひたすら毎日叩き続け、薬を塗ってケアをする。3ヶ月もすると掌打でバイクのヘルメット越しに人を失神させることができるようになる、、、、ロマンに溢れていますよね(笑)とにもかくにも実際に練功されているという方が現在いるとも思っていなかったので、思わずいろいろな質問をしたら一つ一つ丁寧に答えていただきました。そしてfacebookやwebサイトさらにyoutubeの動画などをあらためて見直させていただいたらとんでもない人物だということがわかりました。

江玉山先生

ドイツに生まれ4歳から中国武術、空手、テコンドー、レスリングを学び、20年前から中国や台湾に渡り、ありとあらゆる道場で本物の武術家を探して稽古を続け、また18年前から台湾の海軍特殊部隊で台湾初の外国人指導者となり、武術からピストル、ナイフ、ありとあらゆる戦闘術を指導。また選手としても徒手擂台という寝技もあるRF空手と似たような大会の世界チャンピオンでありMMAにも出場していて、一度日本には”戦極”という大きな大会のセレクションを受けに来たこともあるとか、現在は玉山武術館という道場で中国武術、柔術、MMA、軍隊護身術などを指導している、、、、、

ようするに本物なんですね、中国武術は文化革命でほとんど抹殺されて型のみが残っていて本当に戦える強い武術家は、香港か台湾の黒社会(いわゆる中国マフィア)か軍隊にしか残っていない聞いていましたのでこんな強い人と出会える機会は滅多にあるものではないのです。

そこで「ぜひ学んでみたい」と書きましたら、すぐに

「OK台湾に来るか?それとも日本に行こうか?」

「学ぶのならこちらが出向くのが筋です、ただしばらくは仕事が多く難しい」

「じゃあ私が行こう、今月中盤から終盤にかけてバケーションがてら行って教えてあげるよ」

と返って来ました。

(今月?本当に??)と思ったのですが、私の経験上こういう人は本当に行動する人です。

「せっかくだから告知してセミナーでも開きますか?」

「ノー、それはあなたのためでは無い。弟子の数人が参加するのはOKだ」

「わかりました、それではプライベートレッスンでお願いします。おいくらくらいかかりますか?」

中華系の人や中国武術の先生は、ビジネスにはシビアだと聞いていたのでお金の話も聞いたのですが、そこはスルーされ

「、、、、、、、、こういうトレーニングツールを集めたり作ったりトライできるか?」

何点もの独特な中国武術の鍛錬具の写真が送られて来ます。

ネットで調べればどうにかなると思ったので

「できるかぎりトライしてみます。」

「何を学びたい??」

「鉄砂掌、詠春拳、少林拳の基本型、軍隊護身術を学んでみたいです。」

「OKイージーだ!!道場にできるかぎり近いホテルを予約してくれ!!」

こんなやりとりだったと思います。心のどこかで

(何が目的なんだろう?まあ身元はしっかりしているし、騙されたとしてもそれはそれでネタになるな)

と思いながらも、何か不思議な縁を感じていた私はいわれるままにホテルを予約、ホームセンターで木材やセメント、布などを購入し準備をしておきました。物事を教わるときは自我を捨て素直に言われた通りのことをやるのが武道家としての私の身上です。

そしてトントンと話は進みまして、10月26日〜10月30日の五日間私は中国武術を学ばせていただけることになりました。

きっと楽しいことが起きるとは思っておりましたが、まさかこの時、私の人生観を変える映画のストーリーのような五日間になるとは夢にも思ってもいなかったです。

パート2に続く、、、、、

 

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。
初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1511