ホーム>日々思う処我に有り>道場長日記>イベント続き、そこで気がついたこと
道場長日記

イベント続き、そこで気がついたこと

先々週からイベント毎が続き、PCを開く暇が無かったくらい、、、、

スケジュール的に厳しいかなとも思ったのですが、まわりの方々のおかげでどうにか乗り切れました。

イベントはどれも大成功、今風に書くと”神ってました”(笑)

そんな日々をざっと振り返りたいと思います。

まずは2/11(土)に行われた親子空手体験教室

小金井・小平少年部の保護者様や、一般部の家族を対象にしたイベント

数人来れば良いかな?と思ってたのですが、蓋を開いたら50人オーバーの大盛況、偶然会場に来ていた西岡小金井市長まで顔を出してくれましてまさに神イベントでした。

当然一人では裁ききれるわけもなく、指導員、から少年部OBまでフル出勤で対応させていただきました。

2017223125649.JPG

個人的にはもうちょっと段取り良くすればもっといろんなことができるかなと思ったのですが、懇親会などでお話を聞いた限りお腹いっぱいだったと(笑)懇親会も大いに盛り上がってみなさんと交流できとても楽しかったです。

元々、地域に根付いて大人から子供まで一緒に汗を流せる町道場を作りたいなと思い道場を始めたのですが、10年かけて一つの形になったなと。本当に良いイベントだったので1年に1〜2回くらいのペースで今後続けて行きたいと思います。

2017223125743.JPG

手伝ってくれた指導員、OBOGのみなさん、そして参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!

 

続いて2月16日、17日と六本木道場生誕の地である、ジャズカフェロンドンで”伝説の店長二日限りの復活祭”と12年ぶりにバーテンダーをやらせてもらいました。

 

2017223142749.jpg

六本木道場の名誉幽霊部員でもある渡辺恭三社長から「1週間ネパールにビジネスの視察に行ってくる、これ人生かけてるんだよ頼むから2〜3日その間入ってくれないかな?」と相談され引き受けました。

もう道場生の中でも知らない人の方が多いと思いますが、まだ私が小金井道場の一道場生だった頃ここで店長をしていてよく夜中に集まってくるバーテン仲間と、机どかして朝方ミット蹴って練習していたんです。その流れで六本木同好会を作り現在に至ります。私が店を辞め、空手一本でやりたいと言ったときも快く送り出してもらいました。ですからいつかなんらかの形で恩返ししたいと思っていたんです。

どうせやるなら、沢山の人を呼びたいなとSNSなどを使って告知しましたら、昔馴染みの常連さんから道場生、少年部の保護者様まで集まってくれましておおいにに盛り上がりました。

なんせ久しぶりだったので、ちゃんと仕事覚えてるかな?と思っていたのですが、10年間身体で憶えたことって忘れないんですね、何の違和感もなくまるで昨日まで普通に働いていたように動けてました。

このときあらためてここで学んだことが沢山あったから、今の自分がいるんだなと。ただ空手をやってただけなら10年も常設道場続けられなかったし、引きこもりのカウンセラーの仕事なんかもできなかったんだなと思いました。

人生無駄なことなんて一切ありません、全て繋がってるんですね。

貴重な体験をさせていただいた渡部社長、いらっしゃってくれたお客様、本当にありがとうございました。

そして2月19日(日)小金井市萌え木ホールにて、NPO法人小金井雑学大学の講師として「引きこもり・不登校相談員を10年間続けて伝えたいこと」という講義をやらせてもらいました。

2017223142850.jpg

昨年小金井市中央地区青少年健全育成委員の勉強会で講師をやらせていただき、その流れで今回五十嵐京子元市議会議員に依頼されました。空手道禅道会の活動とともに10年間ディヤーナ国際学園の副校長として相談業務に携わり、そこで経験したことや学んだこと、子供に空手を教えること共に講演活動などして、予防活動に力を入れたいとずっと思っていましたので、私自身楽しみにしていました。

実際どのくらいの人が集まるとか事前に聞いていなかったので、10人くらいいてくれればいいのかな?と思っていましたら、会場満席になる30名以上の人が受講なさってくれまして、あらためてこの問題の関心度の高さ、そして困っている人が沢山いるんだなと実感。

内容は、引きこもりが起きるメカニズム、幼少体験→いじめ→不登校→引きこもり→精神病、家庭内暴力、、、、と続くメカニズムを私の相談員としての体験談、また空手の指導者としての体験談などを交えながら、ひきこもり、家庭内暴力が始まったらどのように対処すれば良いか、またこのような悲劇が起きないようどのように子供は教育すれば良いのか?ということを話させていただきました。そして最後の質疑応答でも積極的なご質問、ご意見などいただきとても有意義な時間を過ごせたと思います。

2017223142928.jpg

このような講演活動はまだ2回目ですから、はたして自分が上手に話ができたのか?みなさんに何かしら伝わったのか?不安だったのですが昨日当日撮っていただいた写真とともにアンケートのまとめをいただきまして、そこに沢山の方のご意見、感想が、、、、おおむね好評だったようでホッとしております。

今回来てくださった方たちが周りの人に、話をしてくれて少しでも啓蒙してくだされば何よりです。

小金井雑学大学のみなさま、今回このような貴重な体験をさせていただき、誠にありがとうございました。

できたら次は、若い人の前で話をしてみたいですね。まだお子様が小さい人達や、これから結婚をして子供を育てるという人たち、また企業の若い社員の前などで、目的はあくまで予防活動ですから、学校なんかでボランティア講演などもしてみたいです、ご興味ある方はお話をくださればどこでも飛んで行きます。

 

今回この1週間ちょっとのイベント尽くし、考えてみると私のここ20年くらいの総まとめみたいな1週間でした。

最近読んだ本の中で「必ず食える1パーセントの人になう方法」というのがありまして、

"一つの分野で1万人に1人の人間になれば必ず食えるが、それになるには熾烈な競争がありかなり難しいことだ。しかし数年間かけて努力すれば100人のうちの1人くらいには誰でもなれる。100人では独立して食べることはこれまた難しいことだが、これを2分野でやれば100×100で1万人のうちの1人になれて、3分野になれば1万人×100で100万人のうちの1人の希少価値が生まれる”

という内容だにとても共感できました。

そしてこの論で行くと、私はいつの間にか100万人のうちの1人のレアキャラになってたみたいです(笑)

でもこれって結局周りの人の協力がなければ絶対に成り立たないことなんです、それは空手を始めて継続したからみんなと繋がれたんだと、

私が常々口にしている「競争よりも共創」常日頃周りの人に感謝の気持を持ち行動していかなければなりません。

今回そこに気がつけたのが一番の収穫でした、押忍。

総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場では新規会員募集中です。

初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。
東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひご見学無料体験にいらっしゃって下さい。
 
↓総合格闘技 空手道禅道会 小金井・六本木道場、大久保道場のお問い合わせはこちら↓
0423804367                                                   
info@zendokai-tokyo.com
西川まで
 
24時間WEB予約も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zendokai-tokyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1646